歯を失ってしまったときの治療法で長い歴史があるのが入れ歯治療です。入れ歯には「噛めない」「外れやすい」「見た目が不自然」などのイメージがあるかもしれませんが、お口にピッタリ合っていて、噛み合わせが整っていれば、快適にお使いいただけるはずです。歯科医療の進歩により、最近では様々な種類の入れ歯がありますので、現在ご使用の入れ歯に不具合がありましたら、お気軽に歯科・矯正歯科アールクリニックにご来院ください。

あなたに合った入れ歯を

合わない入れ歯でがまんしていませんか?

作ったばかりの頃はピッタリ合っていた入れ歯でもだんだんと合わなくなることがあります。それはお口まわりの筋肉やあごの骨が変化するからです。また入れ歯の摩耗や噛み合わせのズレも原因にあげられます。合わなくなったまま使用していると、うまく噛めないだけでなく、歯茎に負担をかけ、痛んだり腫れたりしてしまいます。入れ歯に違和感がありましたら、お早めにご来院ください。

入れ歯の種類

素材にレジン(歯科用プラスチック)を使用した入れ歯です。保険適用なので比較的安価ですが、床が厚めのため装着時に違和感があります。壊れやすいといえますが修理や調整がしやすい素材です。部分入れ歯の場合は金属のバネ(クラスプ)がつきます。

やわらかい特殊な樹脂でつくるバネのない部分入れ歯です。歯茎にフィットして使用感がよく、見た目にも入れ歯とわかりにくい自費診療の入れ歯です。歯の欠損部位により作製できない場合もあります。

床部分を金属でつくる自費診療の入れ歯です。強度が高く薄くつくれるうえ、温度変化が伝わりやすいので違和感が少ない入れ歯です。丈夫で長持ちですが、修理がしにくい入れ歯です。

あごの骨に埋め込んだ2~6本のインプラントの上に、入れ歯を装着する治療方法です。インプラントを埋め込む外科手術が必要なので治療期間が比較的長くなりますが、通常の入れ歯よりしっかり固定するので、外れにくく噛みやすいのも特徴です。