なぜ黄色くなるの?歯が変色する原因をチェック!

子どもの歯は目に眩しいくらい白く輝いています。それが大人になると、歳を重ねるにつれ、黄色味を帯びてくるのはなぜでしょう。

歯が黄色っぽくなる原因は、大きく分けて2つあります。

ひとつは、加齢によるもの。歯の表面は、半透明のエナメル質で覆われています。その下に象牙質という黄色い層があります。象牙質の色は、誰でも歳をとるに従って、段々濃くなってきます。一方、エナメル質は少しずつ薄くなっていきます。その結果、エナメル質から下の象牙質の色が透けて、黄色っぽく見えるようになってくるのです。

2つめは、食べ物などによる外側からの着色です。歯に色がつきやすいのはまず、コーヒー、紅茶、日本茶、烏龍茶などのお茶類。コーヒーカップや湯飲み茶わんに茶渋がつくのと同じです。他にも赤ワインやコーラ、ブドウ、ブルーベリー、木イチゴ、カレーなど色の濃い食材の多くは、歯に着色しやすいという特徴があります。これらの食べ物に含まれる着色成分はいずれも、最初のうちは単なる歯の表面の汚れに過ぎません。しかし、時間が経つにつれ、次第にエナメル質の中に染み込み、普通に歯磨をしただけでは落とせなくなってくるのです。また、ご存知のとおり、タバコのヤニも歯が変色する大きな原因です。喫煙する習慣のある人は、ない人に比べて歯が黄色っぽくなりやすいというのは本当です。

他にも歯が変色する原因として見られるのが、虫歯の治療などで神経を抜いてしまった場合です。時間が経つにつれて、歯が内側から茶色に変色してくることがあります。これは神経が死んでしまい、象牙質に栄養が届かなくなってしまったために起こる現象です。

一方、加齢や生活習慣とは関係なく、歯が変色している人もいます。これは、永久歯が形づくられる7歳頃までの幼児期に、テトラサイクリンという抗生物質を飲んでいた影響とされています。症状としては、歯肉と歯の境目の部分が、帯状に茶色く変色したり、縞模様ができたりします。歯の表面全体が褐色になる場合もあり、色のつき方には個人差があります。

このように、歯が黄色っぽくなる、いわゆる変色は、外側からの要因と内側からの要因があるのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 白さを長く保ちたい

  2. ここが知りたい!ホワトニングQ&A

  3. なぜ歯医者さんでホワイトニング?

  4. 歯に悪くないか心配?