ここが知りたい!ホワトニングQ&A

歯が白いってやっぱり素敵ですよね。だからホワイトニングで白くしたいって思う人はたくさんいます。でもホワイトニングをしたいけど、ちょっと心配なあんなこと。この機会に気になっていることを解決しましょう!

Q1.白くなりにくい歯ってどんな歯?

  • 若い人ほど白くなりやすく、ご高齢の方の歯を真っ白にするのは難しいです。これは、長年だ液で鍛えられた歯のほうが硬く密で、薬剤が作用できる有機物が少ないからなんです。若い人の歯は有機物が多いので薬剤が作用しやすいんです。でも、ご高齢の方の口元は、少し白くするだけでも十分に若々しく見えますよ。ぜひトライしてみてください。
  • エナメル質にボリュームがないところほど効果が上がりにくいです。たとえば、エナメル質が薄く歯と歯茎の境目付近などは、色調が改善しにくい場所なんです。
  • ホワイトニングによる色調改善には限界があって、色調が濃い場合は特に黒や青の色調は改善しにくいです。真っ白になることはできませんが、色を薄くすることはできるので、あきらめずにご相談ください。

Q2.ホワイトニングできない人って?

  • 体内で過酸化水素水が分解できない無カタラーゼ症(高原氏病)の方、妊娠中や授乳中の方は受けられません。
  • 光線(紫外線)過敏症、重度の呼吸器疾患の方は、オフィスホワイトニングはやめましょう。光線を使わず、薬剤による刺激も少なく、長時間お口を開けている必要のないホームホワイトニングをご検討ください。

Q3.歯に白いマダラやシマが?

ホワイトニングの開始後、白いマダラやシマができる方がいます。これは、歯質の粗い部分だけが早く漂白されるために起きる現象で、ホワイトスポットやホワイトバンドと呼ばれています。こうした歯質のムラは歯が育つ過程で自然に生じたものであって、誰でも多少はあるものです。硬く密な部分の漂白が追いついてくれば自然に消えてきますので、焦らずにやり続けることが大事です。不安かと思いますが、心配しないでください。

Q4.歯茎が白くなっちゃった?

オフィスホワイトニングでは、細心の注意をして歯茎や粘膜を保護しますが、ときに薬剤による薬剤焼け(ケミカルバーン)が起こることがあります。歯茎なら30分から1時間程度で通常は消え、痛みは1時間から3時間でおさまります。口内炎よりも浅い表面で起き、治るのは早いのですが、上皮が再生するまでには6時間以上かかるので、しばらく食事に注意してください。

ホワイトニングにトライしてみたいあなた。心配なことがあれば、当院に来られた際に遠慮なくお聞きください。あなたがご納得いただける説明をしっかりさせていただきます。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯に悪くないか心配?

  2. なぜ歯医者さんでホワイトニング?