なぜ歯医者さんでホワイトニング?

日本で現在、厚生労働省に認可されている歯のホワイトニング用薬剤は、歯科医師が処方するもののみで、漂白剤入りの歯磨き剤や簡便なホワイトニング剤がドラッグストアで販売されている海外とはだいぶ事情が違います。

ただ最近では日本でも、海外の薬剤がネットで手軽に入手できるようになりました。

トレーを使う本格的なものからシール状のものまでいろいろあるようです。

そんななか気になるのが、自己流でするホワイトニングの弊害です。

虫歯に気づかず薬剤を使って、歯髄炎が起きたり、薬剤の使い過ぎで歯茎を傷めてしまう事例が少なくないと聞きます。

歯科医院に定期的にメンテナンスに通うのが当たり前な欧米人と比べて、日本人の多くは歯が悪くなったら受診するというスタイルと見受けられますが、大変残念なことに知らないうちに虫歯や歯周病になっていたという方が少なくないのです。

じつはホワイトニングは、歯周病で歯茎が腫れた状態で行うと、薬剤が歯茎から染み出る血液にばかり反応してしまい、肝心な歯に対し十分に働きません。

また、効果が上がらないからといって長時間薬剤を使うと、殺菌作用で歯周病の症状は改善するものの、海外の薬剤は強いものが多いのでただれや知覚過敏が悪化するといったトラブルは起きがちといいます。

日本では、日本特有の事情からホワイトニングは歯科医師の処方で行われていますので、自己流で行わず、まずはお口の健康診断もかねて歯科医院を受診してみてください。

歯茎が腫れていると薬剤が効かない

歯磨き指導や歯石除去、クリーニングを受けていただき、歯周病を治してから開始します。

歯周病で歯茎が腫れていると、エナメル質のなかの着色物質に作用すべき薬剤がエナメル質に届く前に、歯茎から出る血液や浸潤液に反応してしまい、歯に作用しないのです。

虫歯や大きなヒビは痛みのもと

薬剤で痛みや歯髄炎を起こさないように仮詰めやコーティング剤といった前処置をするなど、対策してから開始します。

詰め物や被せ物は白くならない

歯が白くなると詰め物や被せ物の色が目立ってしまうので、あらたに詰め直しや被せ直しが必要かを検討します。

ホワイトニングは前処置が必要な場合はすぐに始められず、開始してからも効果が得られるまでには一定の時間がかかります。結婚式などのご予定があるときは、お早めにご相談ください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 白さを長く保ちたい

  2. 歯に悪くないか心配?

  3. ここが知りたい!ホワトニングQ&A