歯に悪くないか心配?

ホワイトニングというと、「シミないかな?」と心配する方が多いのではないでしょうか?

さらに歯がシミると、「歯の健康に悪いのでは?」と思ってしまいますよね。

ご安心ください。最近では、漂白成分を低濃度に抑える一方、基材を工夫して、より高い漂白効果と低刺激性を両立したホワイトニング剤へと進化しています。

それにホワイトニングの薬剤(過酸化水素、過酸化尿素)はオキシドールの仲間で、殺菌作用があり、だ液に浮遊している虫歯菌や歯周病菌を減らす効果が期待できます。

そして最近では、ホワイトニング直後の歯のほうが、ふだんの歯より再石灰化が盛んで歯質強化をしやすいこともいわれているのです。

白くなるだけでなく、殺菌作用が期待できる!

ホワイトニング剤は殺菌剤のオキシドールの仲間。しつこいバイオフィルムまでは破壊できませんが、だ液のなかを浮遊する虫歯菌や歯周病菌ならやっつけることができます。

歯質強化にもってこい!

ホワイトニング前の歯は透明な膜、「ペリクル」に覆われています。ペリクルが邪魔になり、再石灰化のスピードが上がりにくくなりますが、ホワイトニング直後の歯は、薬剤でペリクルがはがれ、再石灰化の邪魔をせず、再石灰化がスピードアップし、歯が硬く丈夫になります。

歯を白くでき、予防効果も期待できるホワイトニングに心配は及びません。ぜひトライしてあなたの望む白い歯を手に入れてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. なぜ歯医者さんでホワイトニング?

  2. ここが知りたい!ホワトニングQ&A

  3. 白さを長く保ちたい