ミュータンス菌の検査とリスクの高い人の対策

歯磨き清掃とミュータンス菌の量

 丁寧に歯磨きをすれば、歯についたバイオフィルムをある程度落として、口の中をきれいにすることができます。ですからミュータンス菌も、歯磨きをサボれば増えて、真面目に歯磨きをすれば減るものと思われるかもしれません。しかし、いったん口の中に棲みついたミュータンス菌を少なくすることは、それほど容易ではありません。
 徹底的にブラッシングをしても、バイオフィルムをつくっているミュータンス菌をすべて取り除くことは簡単ではありません。器具を使った専門的な清掃(PMTC)をすればある程度バイオフィルムは落とせますが、歯の表面の微細な窪みや溝の中のミュータンス菌は除去できません。ミュータンス菌は、1ミクロンくらいの大きさしかないので、徹底的に清掃をしても目に見えない窪みの中にたくさん残されています。最後まで歯の表面に残っているのはミュータンス菌です。このため再び糖分が口の中に入ると、短時間のうちに増殖が始まります。数日も経つと、元に状態に戻ってしまいます。
 反対にブラッシングをさぼりがちで、歯垢が多い人でも、ミュータンス菌が見つからないことがあります。ミュータンス菌のいないバイオフィルムの持ち主です。こういう人は虫歯になりにくく、歯磨きできれいにすることも容易です。
 口の中の宇宙では、様々な種族の細菌が勢力争いをしています。歯の表面にしか棲むことのできないミュータンス菌は、その好都合な棲み処に大量に棲みついてしまうと、そこを他の種族に譲ろうとしません。ミュータンス菌がどっさりいる人は、虫歯になりやすいネバネバがたくさんできて、そのネバネバのカプセルの中が強い酸性になるので、虫歯になりやすいのです。だから歯磨きを真面目にして、しかも歯磨きが上手な人でも、歯ブラシだけで虫歯の発症を防ぐことは困難なのです。ミュータンス菌をたくさんもっている人は、熱心に歯磨きしていてもやはり要注意です。

リスクの高い人のためのミュータンス菌の除菌

 いくら器械でゴシゴシこすっても、ミュータンス菌は残っているので、時間が経つとすぐに復活して元の状態に戻ってしまいますが、同時に抗菌薬を使うと効果が出ます。徹底的な清掃で歯の表面のバイオフィルムは破壊され、ほとんど取り除かれます。残った細菌もバラバラの孤立した状態になります。ミュータンス菌が裸になったところで抗菌薬を使えば、歯の表面からミュータンス菌を除菌できます。
 このミュータンス菌の除菌は、ミュータンス菌の歯にくっつく特殊な性質を巧みに利用したユニークな方法です。とくに職業的に飲食回数が減らせない人や障害があって口の中の清掃が十分にできない人、高齢や生え替わりの時期などで、ミュータンス菌を減らす以外に簡単に虫歯のリスクを下げる手段のない人にとっては、有用性が高い方法です。
 専門的な歯面清掃の後、あらかじめつくっておいた歯列をぴったりカバーするプラスチックのトレーの中にゼリー状の薬剤を入れて、歯の表面にくまなく薬剤が行き渡るようにします。この操作で、歯の表面に残っているミュータンス菌はほぼ死滅します。薬剤を洗い流すと、すぐに粘膜や舌にいる細菌が歯面に戻ってきます。でも、幸いなことに粘膜にはほとんどミュータンス菌はいないので、別の種類の細菌が歯の表面を占領します。家庭では、就寝前に歯ブラシで清掃した後に、このトレーの中にフッ素の入った歯磨き剤を入れて歯列にかぶせることを1週間続けます。
 このような処置の後も歯の表面にバイオフィルムはつくられますが、ミュータンス菌の少ない、歯ブラシで落としやすいバイオフィルムに変わります。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 学校の健康診断と歯医者さんのくいちがい

  2. 歯に大きな穴があいた!

  3. 壮年期の虫歯とは?負の連鎖を断つ!

  4. 初期虫歯はどんなふうにできるの?

  5. 虫歯はミネラルの収支赤字によってできる?

  6. 強い痛みが急になくなった?歯科医院に行くほどじゃないかな?