詰め物を長持ちさせるには?

歯科医院においでになる患者さんにとって、もっとも身近な治療といえば、やはり、虫歯の「詰め物」ではないでしょうか?多くの方のお口の中には、残念ながら、すでにいくつかの詰め物が入っているのではないかと思います。ただ、詰め物にだって限界はあります。では、どうすれば詰め物を長持ちさせることができるのでしょうか?

詰め物の耐久性を損なう要因は、大きく分けて2つあります。ひとつは虫歯。もうひとつが過剰な力です。

詰め物は、コンポジットレジン充填であろうが、メタルインレーであろうが、その耐久性にはほとんど違いがありません。ただし、どんな材料を使い、ごんなピッタリと歯に適合した良い治療がしてあっても、プラークコントロールが不十分であれば、詰め物の周りが虫歯になることによって、詰め物の耐久性は損なわれてしまいます。

あるいは、虫歯菌の出す酸は、詰め物と歯の間にあるミクロの隙間でもスイスイと通り抜け、歯を溶かして虫歯をつくってしまいます。これも詰め物の耐久性を損なう原因です。つまり、詰め物の耐久性は、プラークコントロール次第ということです。プラークコントロールがうまくできて、虫歯菌の少ないお口であれば、詰め物が古かろうが虫歯はできませんし、その分詰め物も長持ちするわけです。

詰め物を長持ちさせる以前に、本当はお子さんの頃から、詰め物が必要にならないように虫歯予防をしていくことが第一なのはいうまでもありません。ただそうはいっても、完璧に予防することはなかなか難しく、まして、詰め物がすでにいくつも入っているお口なら、詰め物を長持ちさせ、周りの歯の健康を保つために工夫していくことが重要になります。詰め物のトラブル予防と、虫歯になりやすい場所を意識した効率のいいプラークコントロールの方法を歯科医院でぜひ教わりましょう。

次はもうひとつの、過剰な力の問題です。過剰な力とは、噛みしめの癖、そして歯ぎしりの癖のことです。噛みしめも歯ぎしりも、無意識に行っていることなので、普段ご自分で「しているな」と気がつくのには、しばらく意識的に気をつけてみると良いでしょう。日中の噛みしめなら、仕事中、料理中、運転中などに「していないかな?」とときどき意識すると、比較的簡単に自覚できると思います。夜間の歯ぎしりに気づくのは、少々難しいかもしれません。ただ、詰め物が次々に壊れるほどのお口を歯科医師が診れば、歯がこすれて減っている過剰な力の痕跡を見てとれるはずです。

詰め物が次々と取れたり、割れたりする方は、歯を守るためナイトガード(マウスピース)を夜間に装着していただく方法などがありますので、歯科医院でぜひご相談ください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 虫歯になりやすい場所を知っておこう!

  2. 詰め物をしたのに冷たいものがしみる⁉

  3. 大人の歯は治療済みの歯に要注意!

  4. 虫歯は母親から子どもへうつりますか?

  5. 根気よくていねいにしっかり掃除します!

  6. 根面う蝕の予防は歯肉を下げないこと