虫歯は母親から子どもへうつりますか?

虫歯の原因には、虫歯菌といわれる「ストレプトコッカス・ミュータンス菌」「ストレプトコッカス・ソブリヌス菌」と、各個人の持っている宿主の防御機構(虫歯になりやすいか、なりにくいかの体の免疫機能)と生活を取り囲む環境から成り立っています。そのため、生活を共にする保育者である母親から子どもへの感染は十分に考えられます。

虫歯菌は垂直感染?

 親から子どもへと感染することを垂直感染といいます。それに対して、夫婦間や友達同士で感染する場合を水平感染といいます。
 虫歯菌は、母親から子どもへと感染する垂直感染でよく例にあげられます。一般的に人の口の中には300種類以上の細菌が存在していますが、この中で善玉といわれる細菌は、口の中へ悪い菌が入り込むと、それを食べるなどして、口の中の環境を整えようとしてくれます。
 一方、悪玉といわれる菌のひとつである虫歯菌は、糖分を食べてプラーク(歯垢)を作り、これが出す酸によって歯という硬い組織を溶かし、虫歯になります。この虫歯は、はじめの頃は歯の色が白濁色や黒褐色をしめす程度ですが、放っておくと次第に溶けて穴があきます。そこに食べ物が詰まったりすると、痛みを感じるようになり、最終的には歯髄(神経)まで侵されてしまいます。虫歯はミュータンス菌やソブリヌス菌による感染症なのです。

子どもに噛んであげた食片と一緒に虫歯菌も?

 では、いつ、どこで、ミュータンス菌やソブリヌス菌に感染するのでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌はいません。ミュータンス菌は、歯などの硬い組織に付着するのが得意な細菌で、乳歯の生え始まる頃から感染します。これは離乳食が始まり、母親が自分のスプーンで食べさせたりする日常生活から起こってきます。
 つまり、母親の口の中が汚れていて、母親が子どもに食べやすいように噛んだ食片を与えたりすると、虫歯菌も同時に与えることになります。虫歯菌はいったん定着すると、非常に頑固に口の中に住みつくため、歯ブラシだけの清掃では取り除くことが困難な場合があります。その際には、歯面をきれいに器具を用いて清掃し、フッ化物を塗布したりします。
 子どもの虫歯の治療では、「歯磨きをよくする」「甘いお菓子やジュースは続けて飲ませないように」などといわれますが、子ども自身だけでなく、母親も自分自身の口の中をきれいに心がけることが大切です。
 母親から子どもへの食べ物を介してのスキンシップは大変重要なことです。きれいな口での介入が望まれます。
 少子高齢社会が進んでいますが、子どもを甘やかしすぎて食生活が偏ったりするのを防ぎ、毎日の生活の中で規則正しい生活習慣を作り上げることが、母子共に虫歯予防への道となります。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 学校の健康診断と歯医者さんのくいちがい

  2. スキンシップをなくす努力よりご両親の虫歯菌を減らす努力が大事

  3. 砂糖がお口へゴールしたら、虫歯を勝利させる?

  4. 神経を取ったのに痛い?

  5. 穴の処置のキーポイント

  6. 大人の歯は治療済みの歯に要注意!