根面う蝕の予防は歯肉を下げないこと

虫歯予防は、歯磨きによるプラークコントロールがもっとも大切ですが、根面う蝕(歯茎の退縮で露出した歯根にできる虫歯のこと)に限っていえば、大元の原因は歯肉が下がることです。だから、いちばんの予防は歯肉を下げないということになります。特に歯肉を下げる原因となるのが、歯周病です。

歯周病を予防する!

歯周病が進行すると、細菌の炎症によって歯を支える顎の骨が減り、その結果、歯肉が下がります。歯周病を予防するには、痛みや歯のぐらつきなどを感じる前から、歯科医院にメンテナンスに通って、定期的に歯周病の検査をしてもらうことが大切です。歯周病も根面う蝕と同じように自覚症状がないまま進行するので、定期的な検査が欠かせません。受診の際には、歯のクリーニングもしてもらいましょう。

磨き方にもご注意を!

また、歯ブラシの押し付け過ぎにも注意してください。根面う蝕の予防には、もちろん歯磨きが前提となりますが、日常的に力を入れて磨く習慣がある方は、繰り返すうちに歯肉を傷めて、歯肉が下がってしまうことがあります。歯や歯肉を傷つけないやさしく丁寧な磨き方を歯科医院で教えてもらいましょう。

フロスや歯間ブラシを使おう!

そして、歯と歯の間のお掃除も忘れないでください。歯と歯の間の清掃がおろそかだと、そこから歯周病になってしまいます。根面に虫歯ができはじめる場所も、歯と歯の間の根元周りから生じることが多いため、歯肉が下がる前はデンタルフロス、下がった後は歯間ブラシでプラークを落としましょう。

根面の象牙質は、歯間部のエナメル質よりも細菌の出す酸に弱い場所。ですから、今まで歯冠部の虫歯に縁のなかった方でも、根面が虫歯になる可能性はあります。歯が丈夫だから虫歯になったことがない方も要注意の虫歯です。

歯肉が下がって根面が見えはじめたら、「年だから仕方ない」で終わらせずに、歯科医院を受診してください。せっかく残せている歯が危険にさらされているサインです。歯周病とあわせて予防していきましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 虫歯の症状と進行程度が知りたい

  2. 食べたら磨く!これで虫歯予防できる?

  3. 歯の神経にまで虫歯が進んでいるって!どうしたらいい?

  4. プラークの虫歯のつくりかた

  5. 虫歯はミネラルの収支赤字によってできる?

  6. 根っこの治療の前に知っておこう。痛みのこと。食事のこと。