初期虫歯はどんなふうにできるの?

 虫歯がどんなふうにでき始めるのか知っていますか?「虫歯=穴」というイメージがありますが、虫歯は穴が開く前からできているんです。穴の開いていない虫歯「初期虫歯」はどの段階でできるのでしょうか。

1.プラークの付着

 虫歯は、歯の表面に細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)が付着することで始まります。細菌が飲食物に含まれる糖を分解して酸をつくり、プラーク内に酸が充満します。

2.歯の成分が溶け出す

 すると、酸性になったプラークと接したエナメル質の結晶の表面から、歯の成分が唾液中に溶け出します。これを「脱灰」といいます。このとき、脱灰と並行して、唾液の作用により、溶け出した成分が歯に戻っていく「再石灰化」という歯の修復も繰り返し起こります。

3.初期虫歯

 しかし、脱灰のスピードが再石灰化のスピードを上回る期間が長く続くと、歯の成分がどんどん抜けていき、結晶内に気泡のようにスカスカの部分ができていきます。これが初期虫歯です。

4.穴の開いた虫歯

 脱灰が再石灰化のスピードを上回る期間がさらに続くと、歯の結晶の中身が完全にスカスカになり、やがて表面が崩れ落ちて穴の開いた虫歯になります。進行すると、歯の内部の象牙質や歯の神経へと虫歯がおよび、痛みを感じるようになります。

 スポーツドリンクや炭酸飲料、酢、柑橘類などの酸性の飲食物や、胃酸が原因で起こる酸蝕症では、虫歯とは違った溶け方をします。酸が触れたところから直接、広範囲に表面が溶けていきます。酸蝕症を防ぐためには、飲んだあとは口をすすいだり、代わりにお茶を飲むようにするとよいでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 就職前に虫歯の治療を!

  2. 虫歯菌の正体-ミュータンス菌

  3. 虫歯はミネラルの収支赤字によってできる?

  4. 虫歯のなりやすさは虫歯菌の数で決まる!?

  5. 代用甘味料と虫歯の関係

  6. 虫歯と歯周病の関係