根っこの治療の前に知っておこう。痛みのこと。食事のこと。

治療した歯が痛むと「本当に大丈夫なのかな」と心配しますよね。根っこの治療につきものの痛みについて、そして毎日の食事についての不安を減らして、治療をスムーズにするアドバイスです。治療後の気になる症状があれば、遠慮なくご相談ください。

治療後の痛みや違和感は6~7割の方が経験します。

根っこの治療で痛みを経験する患者さんはとても多いです。我慢できないほどの痛みから、ほとんど気にならない程度の痛み(違和感)まで含めると、6~7割の患者さんに何らかの症状が出ることが疫学調査でわかっています。
治療を受けるたびに起きる痛みや違和感はつらいでしょうが、じつは珍しいことではなく、治療が上手くいっていても普通に起きる症状なんです。2~3日過ぎるとだいぶ楽になって(痛みのピークは48~72時間)、1週間もすれば痛みのある患者さんの95%が治まっていきます。我慢ができないような痛みでないならば、2~3日様子をみることをおすすめします。

痛みを我慢せず薬は早めに飲みましょう。

歯科医院でもらった痛み止めの薬は「痛くなってきたな」「痛くなりそうだな」と思ったら、我慢せずに早めに飲みましょう。強い痛みを我慢すると、痛みに対する感覚が敏感になってしまって、痛み止めが効きにくくなるからです。また、痛みのないときは飲む必要はありません。
通常2~3日分が処方されますが、ご希望の方には追加で処方もしますし、市販の痛み止めを飲んでも構いません。ただ、薬を飲んでも効かないほどの強い痛みがある場合は、次の予約日まで待たずに歯科医院に連絡し、なるべく早く診てもらいましょう。

予約の間隔をあまり空けないで。

根っこの治療は、1週間に1回程度が理想です。治療の間隔は、長く空いたとしても4週間以内にしましょう。この治療では、掃除をした根っこに細菌が入らないようにシャットアウトする封の役割が非常に重要なのですが、治療途中の封は外して掃除することが前提の仮の封なので、耐久期間は4週間程度といわれています。
治療の間隔が1ヵ月以上も空くと、封の隙間から細菌が入り、それまでの治療が無駄になってしまうこともあります。治療は間を空けずに終わらせましょう。また、根っこの治療後の被せ物を入れる治療も同じ理由で放っておかず、早期に開始することをおすすめします。

治療した歯では噛まないでください。

根っこの治療後に食事をするときは、治療をした側で噛まないようにしましょう。内部を掃除中の歯には本格的な補強がされていないので、噛む力で割れてしまうことがあるからです。また、噛んだ刺激が痛みを誘発してしまうこともあります。
特に仮歯が入っている状態で噛むと、治療中の根っこに強い力が加わるので、トラブルの原因となることも珍しくありません。根っこの治療中に仮歯が必要な方は、噛み合わせなどに注意してお過ごしください。仮の封や仮歯が取れたときは、歯科医院に至急ご連絡をお願いします。

歯の根っこの治療とは、根っこの奥深くに細菌が入り込んで神経が膿んでしまったり、神経の通っている管の中が細菌で汚れてしまったとき、歯を救うために行う治療です。難易度の高い治療法として知られていますが、この治療が上手くいくと、重い炎症に侵された歯を再び使い続けられるので、切実な思いで治療に臨まれる患者さんも多いのです。治療後の注意点などあらかじめ知っていると、不安の解消に役立つと思います。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 大人の歯は治療済みの歯に要注意!

  2. 初期虫歯はどんなふうにできるの?

  3. 歯髄を守るか、痛みを解決するか?

  4. 虫歯を放っておかないで!

  5. 学校の健康診断と歯医者さんのくいちがい

  6. 虫歯になりやすい年齢、なりやすい歯