詰め物が外れてしまったら、できるだけ早く歯科医院で診てもらいましょう。

「1年前に歯に詰め物を入れてもらったんだけど、もう取れちゃった。どうしよう。」

詰め物を入れてすぐに外れたいうのなら、治療自体に問題があったと考えられます。しかし、1年間もったというのなら、患者さんのお口の中に外れてしまった要因が潜んでいる可能性があります。

治療が終わってからそれまで、詰め物はただお口の中でじっと静かにしていたのではありません。食べ物を噛み砕いたり、すり潰したりするときや、食いしばって力を入れるときに使われていたはずです。当たり前のように考えられがちですが、じつはお口の中は相当過酷な環境なんです。

詰め物の寿命については、いくつか優れた臨床報告がありますが、寿命を減らす要因として「虫歯のリスク」と「噛み癖」(食いしばり)があげられます。

詰め物自体は虫歯にならないものの、詰め物の周りは虫歯になりやすい部分です。虫歯のリスクを下げるには、当たり前のようですが、規則正しい歯磨きが効果的です。磨くときには歯を強くするフッ素入りの歯磨剤を使いましょう。

ちなみに、虫歯予防には唾液が重要でもあります。高齢者は加齢により唾液が出にくくなるほか、血圧を下げる薬などの副作用により、唾液量が低下することもあります。口腔乾燥症(ドライマウス)は虫歯のリスクを高めますので、歯科医院で定期的に歯をクリンーニングしてもらいましょう。

もうひとつ、要因である噛み癖については、患者さんがご自身で気づくのはなかなか難しいものです。就寝中の歯ぎしりように、習慣的な歯の食いしばりは、歯と詰め物にかなりの負担をかけています。自動車のタイヤが磨り減ったり、車体やエンジンが故障したりするのと同じように、過度なストレスがかかると歯にも様々なトラブルが生じます。詰め物が外れるのはその一つの現れです。

食いしばりの習癖のある患者さんは、歯の表面が磨り減っています。これは一目瞭然で、噛み合わせが原因で詰め物が繰り返し外れる患者さんには、マウスピースを装着して歯を保護してもらう方法もあります。

なお、詰め物や被せ物が外れた場合は、放っておくのはよくありません。外れた部分に食べ物が挟まって細菌が繁殖し、お口の中全体が不潔になり、虫歯や歯周病の原因となります。また、力のかかり方が変わるため、他の歯に負担がかかり、歯が欠けやすくなるなど、より深刻な事態につながることもあります。

詰め物の外れた側をかばって、反対側で噛んで食事をするのも、噛み合わせに影響するのでよくありません。一つの詰め物が取れたら、他の詰め物も取れてしまう「負のドミノ現象」を起こすこともあります。

いずれにしても、かかりつけの歯医者さんをもって、定期的な口腔ケアをしてもらうことが、歯のトラブルを最小限にとどめて一生涯自分の歯で健康に過ごす秘訣となります。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 根面う蝕って何ですか?

  2. 食べたら磨く!これで虫歯予防できる?

  3. 穴の処置のキーポイント

  4. 虫歯はミネラルの収支赤字によってできる?

  5. フッ化物が虫歯予防に効くのはなぜ?

  6. 学校の健康診断と歯医者さんのくいちがい