強い痛みが急になくなった?歯科医院に行くほどじゃないかな?

虫歯は細菌が原因で歯が溶ける代表的なお口の病気です。ひとことで「虫歯」といわれているこの病気、じつは様々な進行状態があり、浅いものから深いものまで色々な痛みが出てきます。

冷たいものを飲んだときに痛みを感じることはよくありますが、何もしなくてもズキズキと痛みを感じることもあります。これは虫歯が進行していることを知らせる危険信号であり、早急に治療を受けなくてはなりません。それでも我慢して放置していると、なんと痛みがなくなってしまうことがあるのです。

では、このまま放置してもよいのでしょうか?答えはもちろんNOです!必ず歯科医院を受診して治療を受けたほうがよいです。

虫歯を放置していると痛みがなくなってしまう理由は、虫歯の進行と歯の構造に関係があります。歯は外側から内側に、エナメル質、象牙質、神経(歯髄)という順番になっています。


ここで重要なのが、痛みを感じるところは内側の神経にあることです。

すなわち、浅い虫歯は神経から離れているので細菌の刺激が内側まで到達しづらく、痛みはあまり出ません。虫歯がエナメル質だけで戸惑っている場合は痛みもなく、象牙質に進行したとしても浅いときは冷たいものがしみる程度です。

一方、象牙質の奥深くや神経にまで進行した虫歯は、細菌の刺激によって神経に強い炎症(感染)が起きて、歯の中の圧力が高まり、ズキズキと痛みを感じるようになります。

痛みを我慢していると、神経の炎症が徐々に広がり、歯の根の内部全体が細菌で汚れていきます。細菌に抵抗するための防御機構(免疫)ももちろん神経にはあるのですが、結局は細菌に負けて神経全体が死んでしまうのです。この段階になると、神経で痛みを感じることができなくなり、まるで虫歯が治ったかのように痛みが消失します。

この状態を放置しておくとどうなるのでしょうか?痛みはありませんが、歯の内部は細菌に汚染され死んだ神経の残骸が残ったままです。次の段階では、細菌の刺激が歯の根の先にある小さな孔(根尖孔)を通って、歯の外に出ていくようになります。そうすると炎症が歯の周りの骨に拡大し、歯茎が腫れて根の先に膿がたまっていきます。

また、治ったと思っていた歯の痛みが、歯の周りの痛みとして再び生じることもあります。このような場合、歯の根の治療により、歯を保存することも可能ですが、大きく炎症が広がってしまったときは、歯を抜かなくてはならないこともあります。

もし、今まで痛かった歯が痛くなくなったときは安心せず、必ず歯科医院を受診しましょう。虫歯は早期発見・早期治療が重要ですので、定期的な検診も心がけてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 大人の歯は治療済みの歯に要注意!

  2. 詰め物が外れてしまったら、できるだけ早く歯科医院で診てもらいましょう。…

  3. 虫歯になりやすい場所を知っておこう!

  4. 虫歯のなりやすさがわかるカリエスリスクテスト

  5. 神経を取ったのに痛い?

  6. 虫歯の症状と進行程度が知りたい