根面はなぜ虫歯になりやすい?

歯茎が下がって露出した根面にできる根面う蝕。歯冠部はピカピカなのに、なぜ根面だけが虫歯になってしまうのでしょうか?それは、根面の構造と組成が関係しているんです。

根面はセメント質+象牙質。歯冠部では厚みのある硬いエナメル質が象牙質を覆っています。一方、歯根部では象牙質はごく薄いセメント質でコーティングされているだけです。

根面が虫歯になりやすい理由は次の通りです。

まず、根面の象牙質を覆うセメント質がごく薄いことです。。歯冠部の場合、厚みがあり、硬いエナメル質が鎧のように象牙質を覆っていますが、根面では、ごく薄いセメント質がコーティングしているだけです。その厚さは薬用オブラートと同程度の20ミクロンほどで、エナメル質のように象牙質を保護する役目は期待できません。よって、セメント質は細菌の出す酸により、たやすく溶かされてしまい、すぐに内部の象牙質が露出してしまいます。

そして悪いことに、象牙質はエナメル質よりも酸に弱く、成分が溶け出すpHが高いのです。私たちのお口の中は、飲食ごとにお口の細菌の酸によりpHが下がります。一定のpHを下回ると、歯の成分が唾液中に溶け出すのですが、この現象が起こるpHがエナメル質と象牙質では違います。

溶け出すスタートラインは、エナメル質が5.5で、象牙質は6.4。つまり、今までエナメル質では溶け始めなかったpHでも象牙質は溶け始めてしまうのです。これは細菌の酸だけでなく、酸性の飲み物にも当てはまります。

このように、根面はすぐに象牙質がむき出しになり、しかも象牙質は歯の成分が溶け出しやすい性質があります。歯冠部は虫歯ひとつないのに、気づかないうちに根面のほうが虫歯になっているというケースが起こり得るのは、このためなんです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯の神経にまで虫歯が進んでいるって!どうしたらいい?

  2. 虫歯を放っておかないで!

  3. 虫歯は黒いとは限らない!

  4. 自分の弱点を知る

  5. 虫歯と歯周病の関係

  6. 虫歯のなりやすさは虫歯菌の数で決まる!?