飲食と虫歯のリスク

何十年も前、虫歯の原因はビタミン不足ではないか?と疑われたこともありました。そして今でも砂糖をたくさん食べると虫歯になりやすいと耳にしたことがあると思います。

人間のエネルギー源として、糖は欠かすことができません。しかし、糖が口のなかに入ると、口のなかの細菌は酸をつくり、増殖します。細菌が要塞のようなバイオフィルムをつくっていない限り、歯を守る唾液がこの酸を中和してくれます。

では、バイオフィルムをつくっている場合はどうなるのでしょう?ミュータンス菌はその閉ざされたバイオフィルムのカプセルのなかで強い酸をつくります。このため飲食物が口に入った直後、バイオフィルムは強い酸性になります。唾液は食べ物のカスを洗い流して酸を中和しますが、バイオフィルムのなかは溶け出したリンやカルシウムなどミネラルのイオンがいっぱいですから、ちょっと中和されただけで、このミネラルは歯のなかに戻っていきます。

エナメル質の表面にバイオフィルムがあるとき、エナメル質からミネラルが奪われ、再び表面からエナメル質の内部に戻るという出入りを繰り返します。まるで地表の水分が、強い日差しによって蒸発し、また雨となって地中に染み込むその様子を「脱灰」と「再石灰化」といいます。

歯の組織からミネラル(リンやカルシウム)が奪われることを「脱灰」といい、プラークのなかに溶け出したミネラルが再び歯の組織に戻ってくることを「再石灰化」といいます。

唾液が働いているときは、この脱灰と再石灰化の収支バランスは保たれています。ところが、糖が頻繁に口のなかに入ってきたらどうなるでしょう?酸性に傾いたプラークが中性に戻る暇がありません。細菌の塊りが頑強なバイオフィルムに成長したらどうでしょう?唾液の影響は、なかなかその内部に及びません。唾液の分泌が極端に少ない場合はどうでしょう?この場合も脱灰しただけで再石灰化が起こりません。この収支バランスが大きく脱灰に傾くと、歯の表面が弱くなり、穴が開きます。

唾液の出にくい人、唾液の流れの悪い部分、唾液の少ない睡眠中などは、虫歯のリスクが急上昇するわけです。唾液の分泌量が少ない場合は、一般に酸を中和する能力も低くなるので、虫歯のリスクはとても高くなります。

バイオフィルムが長時間酸性の状態になると、バイオフィルムをつくっている細菌の種類も、酸に強く、酸をたくさんつくる細菌が優勢になって、虫歯をつくりやすいバイオフィルムに成長します。

糖尿病の治療では、食事の管理がとても大切ですが、虫歯の治療でも実は同じです。飲食のたびにバイオフィルムは酸性に傾き、歯面の脱灰が進みますが、唾液の力で再び石灰化が生じます。しかし、飲食回数が多いと再石灰化が間に合いません。飲食物の性質(糖の多いものか、口のなかに長時間あるものか)、飲食の頻度、就寝前の糖の摂取、など注意することによって虫歯リスクを下げることができることをよく覚えておいてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 自分の唾液のことを知っていますか?

  2. 穴の処置のキーポイント

  3. 虫歯はミネラルの収支赤字によってできる?

  4. スキンシップをなくす努力よりご両親の虫歯菌を減らす努力が大事

  5. チョコレートと虫歯の関係

  6. プラークの虫歯のつくりかた