歯髄を守るか、痛みを解決するか?

歯がズキズキ痛み始めたのなら、歯のなかの歯髄(血管と神経の集まり)が炎症を起こしています。

このような歯を治療するために、細菌に感染した歯質を除去していくと、歯髄が露出することがあります。

こうなってしまうと、感染を防いで歯髄を生かすか、それとも炎症のひどい部分を切り取るか、あるいは全部とってしまうか、選択は大きく分かれます。

生かすか殺すかという判断ですが、本来は歯髄の受けているダメージの程度によって決まります。しかし、痛みを伴う治療ですから、患者さんと歯科医師の関わりの深さがどうしても処置方針の決定に影響します。

ダメージを受けた歯髄を生かすと、あとで痛みが出たり、自然に歯髄が死んでしまうというトラブルの可能性が高くなります。半分残すことがありますが、これも同じです。患者さんと歯科医師の間に十分な信頼関係がない場合には、このような不確実な治療はしにくいものです。

歯髄を殺して除去してしまえば、当面は痛みがなくなるという確実な結果が得られます。もちろん長い目でみるなら、歯髄はできれば取りたくありません。歯髄がなくなると歯は死んでしまいますから、もろくなり、時間がたつと変色していきます。あるいは歯根の先に膿がたまるかもしれません。

歯髄は、歯の命ですから、可能であれば守りたいものです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 壮年期の虫歯とは?負の連鎖を断つ!

  2. 飲食と虫歯のリスク

  3. 大人の歯は治療済みの歯に要注意!

  4. ライフステージによるリスク

  5. 虫歯になりやすい場所を知っておこう!

  6. フッ化物が虫歯予防に効くのはなぜ?