学校の健康診断と歯医者さんのくいちがい

学校での歯科健康診断で「虫歯がある」と言われたのに、実際に歯科医院を受診してみると「虫歯はないですよ」と言われたことはありませんか?だからといって学校歯科医の先生がいい加減な診断をされているとは思わないでください。

というのも、学校での歯科健康診断は限られた時間で多数の生徒を診なければならないため、ひとり1分程度しかかけられません。それに設備の関係上、エアーをかけて歯の表面から唾液を除いたり、汚れを清掃してから詳しく見ることもできませんし、レントゲンも撮れません。給食を食べた後に検査を受けるとなると、食べかすを虫歯と見間違えてしまうこともあります。

では、学校でなぜ歯科健康診断をするのかというと、それは疑わしい所見のあるお子さんを歯科医院につなぐためです。あやしいと思ったら、すみやかに歯科医院で精査してもらうことで、その子の抱える歯科的な問題(虫歯や歯肉炎、歯並びなど)に早期に対応できるのです。いわばスクリーニング(ふるい分け)診査ということです。

くわえて学校での歯科健康診断には、教育的な側面もあります。診査でわかった歯科的な問題をその子の健康教育に活用するのです。今の学校教育の場では、健康上の課題をもとに1年間を通して保健指導や保険教育をするようになっています。学校での歯磨き指導もその一つで、学校は健康面の教育をする場でもあるのです。

一方、歯科医院は医療の場なので、歯科医院での診断では医療的に精密に診査をします。歯と歯の間の見えにくいところにある虫歯やあごの骨のなかにある歯科的な問題、例えば歯の数が少ないとか腫瘍ができているとかなどはレントゲンを撮ってみないとわかりません。

これらは手遅れになっては大変ですので、健康上の問題を管理してもらうために定期的にかかりつけの歯科医師に診てもらいましょう。何か問題がありそうなら、詳しく検査してもらえるので安心です。

とくにお子さんの場合、歯の生え変わりがあったりして、お口のなかは刻々と変化していきます。定期的に継続して診てもらうことの大切さはそこにあります。

歯科医院での受診でお子さんのお口に問題が見つからなかったことは、むしろ喜ぶべきだと思います。今後も受診を続けて、虫歯や歯肉炎の他、歯並びや噛み合わせなどの成長の様子も診てもらいましょう。

反対に、もし学校歯科健康診断で「問題なし」だったとしても、歯と歯の間など見えないところにごく小さな虫歯があるかもしれませんので、定期的に歯科医院でチェックしてもらうことが大事です。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 代用甘味料と虫歯の関係

  2. 就職前に虫歯の治療を!

  3. 虫歯が痛いわけ

  4. 虫歯になりやすい場所を知っておこう!

  5. 食べたら磨く!これで虫歯予防できる?

  6. 根っこの治療の前に知っておこう。痛みのこと。食事のこと。