神経を取ったのに痛い?

歯の神経を取ることを「抜髄(ばつずい)」といいますが、正確には「歯髄(しずい)」という部分を取っています。虫歯が奥深く進行して、歯髄に細菌が入り込んで炎症が起きてしまい、抜髄しなくてはならなくなるわけです。

抜髄しなければならないほど炎症が起きている歯は、処置の前日から強い痛みを感じることがあります。何もしなくてもズキズキ痛んだり、夜中に目が覚めてしまうほど強く痛んだりと。こうした場合は炎症がかなり広がっていると思われます。

そして、抜髄直後は次のようになります。

炎症が生じた歯髄を取って、根管内を洗浄後、薬を詰めた状態です。この後、経過を見てから、根管に詰め物をして仮のフタを最終のものに変えます。

さて、歯の神経(歯髄)を取っても、痛みを感じることがあります。神経を取ったのに痛いっていうのはどういうわけだろう?って思いますよね。それはいろいろと理由が考えられます。

抜髄というのは、歯の根(歯根)の先のところで歯髄を切断します。当然、切断した端が歯の外側(あごの骨のなか)にできるので、歯の内部の神経を取ったとはいえ、その部分では痛みを感じます。

また、抜髄時の消毒薬が原因のこともあります。虫歯の原因は細菌感染なので、歯髄の除去後は複雑な形をした根管内に入り込んだ細菌を除去するために強い消毒薬を用います。この消毒薬が歯の外側に染みわたり、違和感や痛みが生じます。術中は局所麻酔のおかげで痛みを感じませんが、麻酔が切れるころから消毒薬の刺激による痛みが出てきます。

このような術後の痛みは、我慢せずに処方された鎮痛剤を服用してください。抜髄は外科処置ですから、数日間痛みが続いてもおかしくはありません。鎮痛剤を飲みながら少し様子をみましょう。数日で落ちつくようでしたら心配いりません。

また、噛んだときに痛みを感じる場合は、歯ではなく歯の周囲(歯根膜や歯槽骨)で痛みを感じています。無理に噛む必要はありませんが、軟らかいものなら噛めるというなら、少しずつ噛んでみてください。消毒薬による痛みであれば、徐々に落ちついてくるはずです。

なお、まれにですが、歯のなかに入り込んだ細菌の種類などによっては、抜髄後に強い痛みや腫れが生じることあります。術後疼痛(じゅつごとうつう)といい、歯科医師が適切な処置をしたとしても数パーセントの確率で起こります。眠れないような痛みが何日も続いたり、顔がひどく腫れてきたという場合は、応急処置が必要となりますので、主治医に連絡してください。

その他にも、数週間経っても術前と痛みがまったく変わらないというときは、他の疾患が原因のこともありますので、その際は再診査が必要となります。

いずれの場合も、痛みは生体のアラーム機構ですから、痛みを取り除くことだけに固執するのではなく、痛みの原因が何なのかを、主治医に教えてもらうことが望ましいでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 虫歯菌の正体-ミュータンス菌

  2. 虫歯を放っておかないで!

  3. 食べたら磨く!これで虫歯予防できる?

  4. 穴の処置のキーポイント

  5. いくら磨いても虫歯ができるわけ

  6. 虫歯になりやすい場所を知っておこう!