歯に白く濁ったようなところが!何だろう?

「鏡を見てて気づいたんだけど、前歯に白く濁ったようなところがあるの。ちょっと前は、こんなのなかったのにおかしいな?何だろう?」

歯の表面に白く濁った部分ができたのなら、「初期虫歯」、虫歯の始まりの可能性があります。カルシウムなどのミネラル成分が歯のエナメル質から溶け出していますので、このまま放っておくと穴が開いてしまいます。

初期虫歯は、白い斑点のように見えることから、「ホワイトスポット」とも呼ばれます。歯の白濁は、生まれつきエナメル質の形成不全によるものもありますが、これまでなかったのに白濁してきたというなら、初期虫歯の疑いが強いです。

初期虫歯ができているということは、お口全体が虫歯になりやすい状態になっているというサインです。すぐに歯科医院を受診しましょう。

歯科医師や歯科衛生士が、歯磨きの仕方や食習慣に問題ないか、フッ素を効果的に使っているかなど、いろいろな角度からお話を聞き、虫歯になりやすい状態になっている理由を教えてくれます。くわえて、1日2回、フッ素入りの歯磨き剤で歯磨きをしたり、お菓子やジュースをダラダラ摂らないようにしたりといった、あなたに合ったセルフケアや食習慣についてのアドバイスもしてくれます。

白く濁った部分には、歯科専用のフッ素入り溶液やジェルを塗ってくれます。何回か通うと、フッ素の効果で白い部分にミネラル成分が戻り、表面のザラザラ感がなくなっていくでしょう。早めに対処できた場合は、白く濁った部分がもとの透明な色に戻ることもあります。

初期虫歯が何か所にもできてしまっているようなら、集中的な予防治療を受ける必要があります。歯磨きのあとにフッ素入りの溶液でうがいをしたり、フッ素とカルシウム入りのガムを1日数回噛むなど、あなたの状態や好みに合わせたいろいろな予防法があります。

初期虫歯は、いつも自分で発見できるとは限りません。多くの方は穴が開いてから、あるいは水がしみるなどの痛みや違和感を感じて、初めて歯科医院を受診されるようです。

穴が開いた虫歯が自然に治ることはなく、虫歯の部分を削って詰め物をすることになります。残念ながら、詰め物は必ずしも一生もつものではありませんので、やり直し治療のたびに、詰め物の範囲が大きくなってしまいがちです。

ですから、穴が開く前、初期虫歯の段階で発見することがとても大切です。そのためには、かかりつけの歯科医院で定期的にチェックしてもらいましょう。歯科医院では、専用の道具で歯の汚れを落としたうえで、歯の表面の変化を詳しく観察してくれます。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 学校の健康診断と歯医者さんのくいちがい

  2. 虫歯になりやすい場所を知っておこう!

  3. 自分の弱点を知る

  4. プラークの虫歯のつくりかた

  5. チョコレートと虫歯の関係

  6. 詰め物をしたのに冷たいものがしみる⁉