虫歯を放っておかないで!

根っこの治療は、患者さんにとって、歯科治療のなかでも特にストレスを感じる治療ではないでしょうか。細かな掃除をしているあいだ、ずっとお口を開けていなければなりません。そして、何度も通院しなければなりません。治療のあとは、痛みや違和感と付き合わねばならず、しっかり治ったかどうかは、治療後の経過観察で判断していくわけですから。

神経を取った歯の再治療より、最初に神経を取る治療のほうが、成功率が格段に高いといいますが、ストレス度の高い根っこの治療を繰り返さないためには、神経を取る治療でしっかりとした処置を受けることが大事なのです。

根っこの治療は、ケガをした歯にも行われますが、ほとんどは、虫歯が原因のケースです。虫歯を放っておくと、細菌が歯の内部に入り込み、神経を侵して炎症が拡大します。神経が死ぬと、最初は感じていた痛みや違和感が消えてしまいます。

これを放っておくと、さらに炎症が広がり、腫れたり、激しい痛みが出るようになります。こうなると、神経を残すことは不可能で、根っこの治療をし、かろうじて歯を残して使い続けるしかありません。

日本では、健康保険制度があるおかげで、この極めて難易度の高い治療を、一般の歯科で、しかも安価に受けることができます。(欧米では数十倍の治療費がかかります。)このことは、一見いいようでいて、「歯を大切にしよう」という意識が、諸外国に比べてなかなか育たないという問題も生んでいます。

痛みは虫歯の進行度のモノサシにはなりません。「まだ大丈夫」と思わずに歯科医院で早めに検査を受け、虫歯が小さいうちに治療を受けて歯を守っていきましょう。

また、神経を取って、被せ物が入ったからといって、その歯がもう虫歯にならないわけではありません。被せ物を支えているのがご自分の大切な天然歯であることを忘れずに、定期的に歯科医院のメンテナンスに通い、ふだんから虫歯予防を心がけていきましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 自分の弱点を知る

  2. 代用甘味料と虫歯の関係

  3. 虫歯の症状と進行程度が知りたい

  4. 大人の歯は治療済みの歯に要注意!

  5. 穴の処置のキーポイント

  6. 「リスクコントロール」と「予防」の違い