フッ化物が虫歯予防に効くのはなぜ?

みなさん、こんにちは。「フッ化物で虫歯予防」ってよく聞いたり、見たりしませんか?フッ化物?・・・そう、フッ素ですね。歯磨き剤や洗口剤でフッ素配合って聞いたり、見かけたりしますよね。せっかくなので、なぜフッ化物が虫歯予防に効くのか知りましょう。

フッ化物が虫歯予防に効くというのは、どうしてなのでしょうか?実際に使ってはいても、どんな作用をするのかを知っている人は少ないかもしれませんね。それでは説明していきます。

フッ化物は次の三つの大切なはたらきをします。

1.適量のフッ化物があると、唾液のなかに溶け出したミネラルが歯に取り込まれやすく、歯が修復されるスピードが速くなってその分修復される量も多い。

2.フッ化物の助けによって修復された歯の結晶は、もとの歯の結晶より硬くバージョンアップするので、その分、虫歯になりにくい歯になる。

3.フッ化物には抗菌作用があり、虫歯菌のはたらきを抑えるので虫歯になりにくくなる。

つまり、修復する速さも量も増すうえ、修復した部分がもとの歯よりも丈夫になり、さらには虫歯菌が活躍しないように邪魔までしてくれるという、優れた効果があるのです。

もう少し詳しく説明すると、歯のエナメル質はカルシウム、リン酸などが化合してできたハイドロキシアパタイトという結晶でできています。ところが、この結晶は虫歯菌の出す酸に弱く、唾液の酸性度が増すと、唾液のなかに溶け出して(脱灰)、歯の密度が低くなります。このままの状態が続くと、虫歯になってしまうのですが、フッ化物はカルシウムとリン酸が歯に戻るよう促し(再石灰化)、いっしょにフルオロアパタイトという前よりも安定した硬い結晶になってくれるのです。

こうして、フッ化物が一定量、なるべく長いあいだ唾液のなかに存在すると、歯はより早くより多く再石灰化され、再石灰化された歯は前より丈夫になり、虫歯菌が活躍しにくくなるという三つの効果が持続します。これが虫歯予防にフッ化物を使う理由なのです。

いかがでしたか。毎日みがいているのになぜ虫歯ができるの⁉って思う人がいるかと思いますが、歯の形はデコボコで歯ブラシの届きにくい場所だらけなんです。プロに毎日ケアしてもらうならいいですが、自分だけで隅なくきれいに磨ける人はそういません。だからこそ、虫歯を補修して、丈夫にしてくれるフッ素の助けが欠かせないんです。フッ化物の用法や容量も効果に影響するので、関心がある方はぜひお尋ねください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 代用甘味料と虫歯の関係

  2. 虫歯菌の正体-ミュータンス菌

  3. 飲食と虫歯のリスク

  4. スキンシップをなくす努力よりご両親の虫歯菌を減らす努力が大事

  5. 根っこの治療の前に知っておこう。痛みのこと。食事のこと。

  6. 虫歯が痛いわけ