代用甘味料と虫歯の関係

こんにちは。最近、砂糖を使わずに「代用甘味料」を使ったお菓子やジュースをよく見かけますよね。みなさんはこの「代用甘味料」のイメージですが、なにがいちばん先に思い浮かびますか?やっぱり肥満予防、ダイエット?・・・ですよね。虫歯予防は多分二の次ではないかと思います。でも、たしかに砂糖が入っていないんだから、虫歯のえさにはならないよねって考え、安心するところではないでしょうか?今回はその代用甘味料と虫歯の関係について知っておこうというお話です。

代用甘味料のはたらきを説明する前に、まずは砂糖と虫歯の関係をおさらいしましょう。

砂糖の主成分であるスクロースは、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)という物質が結合した糖で、無色で甘味を有する結晶です。

みなさんが砂糖の入ったものを口にしたとき、スクロースの形で摂り込まれるのですが、そのとき、お口のなかに虫歯菌(主にミュータンス菌)がいると、待ってましたとばかりに飛びついてきます。

そして、虫歯菌のもつ酵素のはたらきで、スクロースをグルコースとフルクトースに分解します。

そのとき虫歯菌は、グルコースとフルクトースを食べるだけでなく、あまったグルコースをつなげていってグルカンというネバネバした物質にし、衣服のように身にまといます。彼らはこのネバネバで歯の表面にしっかり付着して、お口のなかのだ液に流されないようにするんです。

それでもまだスクロースがあるようなら、さらに分解してグルコースをつなげていき、グルカンを大量につくります。そうなるとまるで綿あめのようにネバネバの層が厚くなっていきます。このネバネバの層は虫歯菌を外敵(だ液や抗菌薬)から守る格好の住居となります。

さて、このネバネバの層のなかには、虫歯菌以外の細菌も入り込んできます。かくして、たくさんの細菌が存在するネバネバの層が完成。これがいわゆるバイオフィルムですね。バイオフィルムはスクロースの摂取が続くと、どんどん成長して、大きく頑丈になっていきます。

というわけで、虫歯菌にとって、スクロースは栄養たっぷりのごちそうであるとともに、身を守る衣服や、生存に欠かせない住居のもととなるのです。いわば、衣・食・住 に欠かせないものなんです。

では、スクロースが代用甘味料に置き換わった場合はどうなるのでしょう?

代用甘味料は、虫歯菌の 衣・食・住 を邪魔します。

まず、代用甘味料が入った飲食物を摂取すると、虫歯菌がえさだと思って飛びつきます。ですが、代用甘味料はスクロースとは違うので、虫歯菌の栄養にはなりません。そのため、虫歯の原因となる酸もつくれません。

また、虫歯菌はスクロース以外からはネバネバしたグルカンをつくれません。代用甘味料にはグルカンをつくるのに必要なグルコースが含まれていなかったり、含まれていても虫歯菌が分解できない形なのです。グルカンがつくれないということは、それが層になってできるバイオフィルムもつくれなくなります。

いかがでしたか。代用甘味料は虫歯菌のえさにならないということがおわかりになったかと思います。とはいえ、「じゃあ代用甘味料が使われている飲食物なら、虫歯の心配はしなくてもいいんだ」とはお考えにならないでください。効果が認められている作用は、非常に高純度の代用甘味料を使った実験の結果であることがあります。また、実際の飲食物には製造工程で使われた他の糖類が含まれたり、甘味度や味の問題から他の糖類と混ぜて使われたりして、それらが虫歯菌の原因になることもありえます。結局は砂糖を摂取する量や回数を控えることが、基本的なことながら、いちばん虫歯予防に効果があります。歯科専売では、代用甘味料のはたらきに着目したお菓子がありますので、甘味を求めるけど虫歯予防も気にかけているというお方は、ぜひ歯科医院でお求めください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 虫歯のなりやすさは虫歯菌の数で決まる!?

  2. 大人の歯は治療済みの歯に要注意!

  3. 虫歯を放っておかないで!

  4. ライフステージによるリスク

  5. スキンシップをなくす努力よりご両親の虫歯菌を減らす努力が大事

  6. 詰め物をしたのに冷たいものがしみる⁉