プラークの虫歯のつくりかた

虫歯をつくる多くの条件のなかでも、もっとも大きな原因となるプラーク。

このプラークは、どういう順序で虫歯をつくっていくのでしょう。

プラークは、唾液や食物の繊維、歯ブラシなどで取れますが、ミュータンス菌の多い人のプラークはネバネバで、強力に歯に粘着しているので、どうしても取れない部分が残ります。

プラークがエナメル質の結晶が弱い部分や、唾液の影響を受けにくい部分に残ってしまうと、そこからいっせいにミネラルが奪われ続けます。

こうしてまず、初期の虫歯ができます。

プラークを取り除くと、その下の歯面が白くザラザラになっている状態です。

このまま口のなかの環境を改善しないままでいると、エナメル質が深いところまでやわらかくなってしまいます。

そしてこのときに、何らかの力が加わると、やわらかくなったエナメル質の層が崩れ、そこにプラーク中の細菌たちが入り込みます。

こうなってもまだ口内環境を放置しておくと、ミュータンス菌だけでなく、そのほかの酸を出す細菌たちまでもが増えていきます。

やがて、細菌たちは深くエナメル質を破壊して象牙質に進み、冷たいものがしみるようになります。

エナメル質に比べて、表面にあらわれた象牙質からは簡単にミネラルが流出します。

ただ、たんぱく質の線維が網の目のようになっているので、たんぱく質を破壊する細菌さえ増えなければ、やわらかくなるだけで大きな穴にはなりません。

ミネラルの流出を改善すれば、穴の周囲が硬く変化し、ひどい虫歯でも進行を止めることができます。

生活習慣の見直しや歯科医院でアドバイスを受けるなどして、虫歯の進行を止める改善活動に取り組んでみましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 虫歯の症状と進行程度が知りたい

  2. 学校の健康診断と歯医者さんのくいちがい

  3. 歯に白く濁ったようなところが!何だろう?

  4. スキンシップをなくす努力よりご両親の虫歯菌を減らす努力が大事

  5. チョコレートと虫歯の関係

  6. 歯の神経にまで虫歯が進んでいるって!どうしたらいい?