虫歯はミネラルの収支赤字によってできる?

歯を形づくるミネラルは、プラーク内の細菌が生み出す酸によって奪われ(脱灰)、唾液によって中和されると歯の内部で再び結晶化します(再石灰化)。

糖分の入った飲み物を1日に何度も飲む人や、あめをいつもなめている人の場合、飲食物に含まれる糖によってプラークが酸をつくり続けます。

こうなると、唾液による中和が追いつかず、ミネラルの出入りはいつも赤字になってしまいます。

また、睡眠中は、唾液がほとんど出ないので、夜寝る前に甘いものを口にする人や、毎晩糖分の多い日本酒なんかを飲んだまま寝てしまう人の場合、寝ている間に一方的な脱灰が続いてしまうのです。

このようにして、ミネラルの収支赤字が続いてしまうと、プラークの落ちにくいところや、唾液が少ないところ、あるいはエナメル質の結晶が弱いところでは、局所的に歯の表面がもろくなります。

何かの拍子に、この表面が壊れてしまうと、細菌がいっせいに歯のなかになだれ込んで、ミネラルの収支赤字はさらに悪化してしまいます。

歯の崩れが広がり、そこに細菌が入り込むという悪循環が続くのです。

このようにして、虫歯は進んでいくのですが、ミネラルの収支を改善すれば、虫歯の進行が止まります。大きな穴のあいた虫歯になると、象牙質の内部で増殖する細菌の影響という別の問題も出てきますが、やはり虫歯の原因はミネラルの収支赤字となります。虫歯の「処置」ではなく、「治療」をしようとすれば、何らかの方法でこの収支を改善しなくてはならないということです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 飲食と虫歯のリスク

  2. 穴の処置のキーポイント

  3. スキンシップをなくす努力よりご両親の虫歯菌を減らす努力が大事

  4. チョコレートと虫歯の関係

  5. 自分の弱点を知る

  6. 大人の歯は治療済みの歯に要注意!