虫歯のなりやすさは虫歯菌の数で決まる!?

虫歯になりやすい人となりにくい人。

この違いは何でしょうか?

虫歯になりにくい人は正直、気にしたり、悩んだりすることはないでしょう。

でも、自覚がなく、虫歯になりやすい人は、再び虫歯に再会してしまうと、「なぜ!?」と思い、やるせないと思います。

今回は、そんな人へ伝えたいお話です。

虫歯のなりやすさを決める最大のポイント

じつは、お口のなかにいる虫歯菌の数とその種類なのです。

温かく湿ったお口のなか。

それは、細菌の絶好のすみか。

その細菌は300種類以上に及びます。

そのうち、10数種類がいわゆる虫歯菌です。

なかでも虫歯をつくる最強職人が「ミュータンス菌」です。

歯磨剤のCMなどで聞いたことがあるのではないでしょうか?

ミュータンス菌はプラーク(歯垢)を温床として増殖

食べカスなどを養分に菌が繁殖したプラークは、ミュータンス菌にとって最適な環境です。

プラークが歯の表面を覆うことで糖質から乳酸を作り出し、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かしてしまいます。

ミュータンス菌は誰もがもっている菌なの?

日本人は、もともとミュータンス菌をもっている人が多かったため、かつては誰もがもっている菌だと思われていたそうです。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんは、誰一人ミュータンス菌をもっていないのです。

大人でも、ミュータンス菌がまったくいない人だっているのです。

ミュータンス菌がお口のなかにすみつくようになるのは通常、幼少期です。

虫歯菌は口移し、スプーンやお箸の共用などによって移るので、幼少期に両親から感染することが多くなっています。

そのため、両親に虫歯が多いと、子どもも虫歯のリスクが高くなることが多いのです。

すでに虫歯菌を常に抱えた人はどうしたらよいのでしょうか?

結論、虫歯菌を減らすことができれば、虫歯のきっかけや進行を食い止めることができます。

完全に除去することは不可能ですが、虫歯菌の数を減らすことで虫歯の予防が図れます。

自分は虫歯ができやすいと思っている方は、一度、虫歯菌の数を調べてみるのも良いかもしれません。

歯科医院では、虫歯菌の数を検査して虫歯のリスクを診断することができます。診断結果をもとに、日々の対策を知り、実践することで、虫歯菌をコントロールすることができます。特に、ミュータンス菌をコントロールすることで、新たな虫歯の発生リスクを軽減することができます。虫歯菌へ効果的にアプローチすることで、虫歯予防に取り組んでみましょう。もし、気になることがあって、「聞きたい」「相談してみたい」と思ったら、山口県宇部市の歯科・矯正歯科アールクリニックにご連絡またはお越しくださいませ。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯に白く濁ったようなところが!何だろう?

  2. 飲食と虫歯のリスク

  3. 虫歯が痛いわけ

  4. 神経を取ったのに痛い?

  5. 虫歯を放っておかないで!

  6. 砂糖がお口へゴールしたら、虫歯を勝利させる?