顎関節が気になる

 顎関節とは、側頭骨の下顎窩と下顎骨の下顎頭との間に作られている顆状の関節で、上顎骨と下顎骨が連結した部分のことです。そして、下顎骨が上下・左右自由に運動することにより、歯を噛み合わせたり、食物を擦りつぶしたりするといった、様々な運動が行われています。また、この噛み合わせをスムーズに行うために、下顎骨と頭蓋骨は、咀嚼筋群やその他の筋群で構成されています。
 最近では、口を開けたときにポキポキとかギンギンという異常な音がする顎の病気、顎関節症の人が増えてきました。

症状と原因

 顎関節症には、口を開けたり閉めたりするときに顎関節部に異様な雑音がしたり、圧痛や自発痛の生じる閉口障害といって口が開かなくなったり物を食べることができなくなってしまう、また片頭痛・耳鳴りや肩こりに悩まされるなどの症状がみられます。
 原因としては二通りが考えられます。第一は、歯が喪失し、そのまま放置したために噛み合わせのバランスが崩れて咬合性外傷が生じた場合です。さらに成人の80%が罹患している歯周病のために歯周組織が破壊され、炎症によって感染が頻発する場合もあります。第二は、心因的な要因です。常に頑張ろうとして歯を絶えず食いしばっている人や、精神的に落ち込んでいる人などに症状がみられます。そして、両者の原因が複合してくる場合も多いのです。

原因の除去が肝心

 治療としては、器質的に損傷のある場合、例えば奥歯がない状態で長年月を経た人には義歯を入れて、咬合の回復をはかります。歯並びが悪い場合には、矯正治療を行うこともあります。また、顎の関節への負担を少なくする意味で、「スプリント」といって、上顎の歯と下顎の歯が噛み合わさないように保護装置を入れる治療もあります。
 顎関節の軟骨や骨が変形している場合には、その部位を開いて手術する方法や、レーザーを利用して非外科的に改善をはかる方法もとられています。
 このような器質的変化がみられない場合は、精神的な暗示療法など行うなど、ストレスの原因を除去するように努めます。精神的にリラックスすることが大切で、適切な運動や旅行などを試みて精神的ストレスを発散させるのも一方法でしょう。
 いずれにしても、噛み合わせは顔面の中心で行われています。これが不調になると、身体的にも不定愁訴を作ったり、精神的にも落ち込んだりしやすいので、気になったら歯科医院に相談することをおすすめします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. ブラキシズムは顎に負担をかける

  2. 若い女性に多い⁉顎関節症

  3. 癖を直すために日常生活を改善する

  4. 顎関節症は身体の不具合をもたらす

  5. あごに負担をかけないようにする

  6. スプリントで歯ぎしりの被害を食い止める!