あごに負担をかけないようにする

日常生活における癖は人それぞれ、様々な癖があると思います。そんな癖が引き起こす顎関節症。顎関節症を予防するには、日常生活であごにできるだけ負担をかけないように心がけましょう。

日常生活の注意事項をリストアップしましたので、ぜひ実践してみてください。

日常生活の注意事項
しい姿勢を心がけましょう。
嚼していないときは、上下の歯を接触させないようにしましょう。(1~2ミリ離間させましょう。)
をくいしばる必要があるような動作は避けましょう。
杖の癖をやめましょう。
話を肩と首に挟んで話さないようにしましょう。
だけを横に向ける姿勢でテレビを見ないようにしましょう。
ソコンの画面が見上げる位置にあると、自然に下顎を突き出す姿勢になってしまうので、長時間パソコンに向かって仕事をする人は画面の位置を視線よりも下にしましょう。
や鉛筆、ボールペンなどを噛む癖をやめましょう。
にあごを動かす動作は避けましょう。
界まで大きく口を開けて笑ったり、あくびをしないようにしましょう。
時間の会話を避けましょう。
節や筋肉を冷やさないようにしましょう。
状が出ているときは、楽器演奏や発音練習を休みましょう。
張の持続は筋肉も緊張させるので、少なくとも1時間に一度はリフレッシュタイムを取りましょう。
は低くて軟らかいものにし、横向き寝やうつ伏せ寝の癖をやめましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 癖を直すために日常生活を改善する

  2. 顎関節症は身体の不具合をもたらす

  3. ブラキシズムは顎に負担をかける

  4. スプリントで歯ぎしりの被害を食い止める!

  5. 若い女性に多い⁉顎関節症