若い女性に多い⁉顎関節症

お口をあけるときや閉じるとき、耳の前にある顎関節が痛む顎関節症はご存知だと思いますが、最近では若い女性に多いと聞きます。

なぜ、若い女性なのでしょう?

それは、以下の理由があげられています。

「骨格や筋肉が弱い」

「ストレスに敏感」

「現代社会におけるパソコンやスマホでの前傾姿勢」

などなど….

うーん、どうでしょう。

若い女性でなくても、ありそうな気がしますね。

要は、歯を食いしばる癖が出やすく、顎への負担が増すことで、発症するということです。

その要素となるものが、現代の20代~30代の若い女性の生活のなかに多くあるということでしょう。

顎関節症の原因については、はっきりとしたものが判明しないだけに、原因として考えられるものを治していくしかありません。

顎関節症の原因としてはよく「噛み合わせ」が指摘されます。

歯科・矯正歯科アールクリニックは矯正歯科を得意にしている歯科医院です。

噛み合わせが良いか悪いかの判別、噛み合わせが悪くなる要因を熟知しています。

今、気になっている方や今後が気になる方は、診察いたしますので、ぜひ当院にいらしてください。

改善したい!と思っていても、きっかけがないとなかなか動けません。

行動が遅れることによって、症状が悪化することもあります。

当院をきっかけに、あなたの未来の健康へと導ければ幸いです。

ご来院お待ちしております。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. あごに負担をかけないようにする

  2. ブラキシズムは顎に負担をかける

  3. スプリントで歯ぎしりの被害を食い止める!

  4. 顎関節症は身体の不具合をもたらす

  5. 癖を直すために日常生活を改善する