虫歯が進行し、神経にまで達してしまった場合でも抜歯を避けるために行う治療があります。それが「根管治療」です。歯の中の神経や血管が入っている細い管「根管」の中をきれいに洗浄してから薬剤を注入する「根管治療」。歯科・矯正歯科アールクリニックでは、精密さが求められる「根管治療」に対応しています。

重度の虫歯の治療法

歯を残すための根管治療

歯はお口の中だけでなく、全身のバランスを左右する大切な存在です。1本でも失ってしまうと、健康に悪影響をおよぼしかねません。大切な歯を残すためにも虫歯が進行してしまった場合は根管治療を受けましょう。根管治療は、細菌に侵された神経や血管を歯の根の管から抜き取り、きれいに消毒したうえで薬剤をつめてフタをします。根管治療には高度な技術が必要とされますが、当院では、経験豊富な院長が治療にあたりますので、安心して治療を受けていただけます。

根管治療の流れ

大きな虫歯ができ、神経が細菌に感染して膿んでいます。このまま炎症が広がると抜歯しなければなりません。膿んだ神経をかき出し、歯のなかで繁殖した細菌を減らしていきます。歯を傷めないように細心の注意を払います。

神経をかき出した管の中を薬液できれいに洗います。消毒薬を詰め、新たな細菌が入らないように仮の封をします。2~3回の通院で念入りに殺菌します。

十分に殺菌ができたところで、空洞になった管の封鎖のため詰め物をします。ゴム状の詰め物を歯根の先端までしっかりと詰めていきます。

根管治療が必要なほど虫歯が進行した歯は、歯冠部がほぼ失われているため、そのままでは食べものを噛むことができません。土台を埋入し、被せ物を装着します。