歯周病は高齢者がかかる病気のイメージがあるかもしれません。しかし実は、10代の方のお口の中にも歯周病予備軍の兆候がみられることもあるのです。歯茎の炎症から始まり、放っておくと歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯周病について理解を深め、早期発見・早期治療そして予防につなげましょう。

歯周病の恐怖

気がついたときは手遅れ?

歯周病は虫歯同様、初期の段階ではほとんど自覚症状が現れません。そのため、歯ぐきから血が出る、歯がグラグラする、口臭が強いなどに気づいたときには、かなり進行しているといえます。歯周病は日本の成人が歯を失う原因の第1位で、成人の約8割が「歯垢の付着」や「歯茎の炎症」がみられる歯周病予備軍か、または歯周病にかかっているといわれています。歯周病はひろく蔓延しているお口の感染症です。気になる症状がありましたら、なるべく早く歯科・矯正歯科アールクリニックにご来院ください。

こんな症状はありませんか?

☑ 朝起きた時に口の中がネバネバする
☑ 歯を磨いた時に血が出る
☑ 口臭が気になる
☑ 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
☑ 硬いものを噛むと痛む
☑以前に比べて歯が長くなったような気がする
☑ 歯がグラグラする
☑ 歯が浮いているような気がする
☑ 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る
1つでも心当たりがあったら、あなたは歯周病になっているかもしれません。油断は禁物です。すぐに検査を受けましょう。

歯周病の進行

歯茎に炎症が起き、歯と歯茎の隙間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。ただ、磨きすぎで歯肉を傷つけてしまった出血もあり、ご自身で判断は難しいです。

炎症が広がり、細菌の影響があごの骨にまで達しています。歯周ポケットがさらに深くなり、歯はグラグラしはじめます。体調が悪いと、膿んだり腫れたりして痛みを感じることも少しは出てきます。ただ、あまり気にしない人が多いです。

あごの骨が半分以上溶けています。歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯茎からは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、「食事ができない」「噛むと痛い」でやっと歯科医院に来ますが、残念ながら歯を抜かなければならないこともあります。

歯周病の治療

歯磨き指導

現状の歯磨きで、どこが磨けていないのかをよく理解した上で、あなたにあったブラッシング方法を学んでいきます。みなさんそれぞれ歯の形や口の大きさも腕の力も違います。結果として、磨き方も磨けないところも千差万別なんです。まずは自分にあった磨き方を知り、新しい汚れが増えていくことを止めましょう。

スケーリング・ルートプレーニング(歯石除去)

歯垢が歯石になると歯磨きでは落とせなくなります。スケーリングとは歯石をスケーラーという器具を使って取り除く処置です。ルートプレーニングとは歯周ポケットの中の歯垢や歯石をキュレットという器具を使って除去します。仕上げに歯根面をなめらかに整えて汚れの再付着を防ぎます。

歯周外科手術

歯を支える骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を完全に取り除くことは不可能です。このような場合、歯の周囲の歯肉を小さく切開し、根っこの表面に沈着した歯垢や歯石を肉眼で確認しながら取り除きます。また、手術の箇所に薬を塗ったり骨を移植・添加する方法もあります。

メンテナンス

治療が終わった後に継続して、良い状態を維持することを言います。そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います。3ヶ月のサイクルで来院し、安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。年齢・環境・生活習慣が変われば、お口の中も変化します。定期的にみて、早め早めに対処しましょう。