お子さんの健康を願わない親御さんはいらっしゃらないでしょう。虫歯の痛みからも守ってあげたいですね。歯科・矯正歯科アールクリニックでは、お子さんのお口まわりの健康維持のためのトータルサポートをしています。子どもの歯はデリケートです。乳歯の虫歯予防と治療を行い、お口まわりだけでなく全身の健やかな成長につなげていくのが小児歯科の役割です。

虫歯になりやすい子どもの歯

乳歯の虫歯も治療が必要

乳歯だからといって失っても問題ないと考えることは、大変危険なことです。乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備するための役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を及ぼしています。さらに、虫歯は感染症であるため、虫歯がある状態で抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると、永久歯が虫歯になるリスクは高まります。神経まで到達した虫歯の中には歯周病菌も存在し、将来、歯周病が悪化してしまう可能性があります。

生えたての歯はとてもデリケート

生えたての永久歯は、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまう傾向にあり、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い状態です。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなど、この時期のトラブルはつきものです。お子さんの歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

問題になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌・歯周病菌はいないと言われています。では、なぜ虫歯になるのでしょう?虫歯・歯周病は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子さんのお口に菌が移り、虫歯・歯周病に感染してしまうのです。菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間です。この生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、お子さんと同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしないなど、お口のスキンシップを控えることで、成長したときに質の悪い歯周病菌や虫歯菌などが少なくできる可能性があります。

虫歯の予防

子どもが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

萌出したばかりの乳歯・永久歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、歯の表面が「酸」に強くなり、溶けにくくなります。

シーラントという、虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、虫歯になりにくくさせる処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く予防できるのが特徴です。

あごの発育と歯並び

歯並びが気になりはじめたら

あごが細く小さい子が増えてきています。遺伝的な要因に加え、あごの成長が充分でないことが原因とみられています。あごが小さいと永久歯が生え揃うためのスペースが足りず、歯並びや噛み合わせが悪化します。子どもの矯正治療の必要性は今後高まっていくでしょう。矯正治療はあごや歯の発達段階ではじめるのがベストです。ただし、最適な治療開始時期はそれぞれ異なります。子どもの成長を見守りながら、適切な時期に治療を開始し、効率的に進めましょう。

口腔育成について

「口腔育成」とは、お子さんのお口を乳歯の頃から専門的な目でみさせていただき、将来歯並びが悪くなる兆候がある場合、早期に発見して問題が固定される前に改善するという、お口の正しい育ちを促す、いわば歯並びの予防のことです。乳歯の歯並びを整えるためではなく、あごの骨がまだ柔らかくこれから成長する力を利用して、あごの骨のずれを改善したり、あごを広げたりして、将来の永久歯がきれいに生えそろうスペースをつくります。筋機能装置の活用やお口周りの筋力トレーニングをしっかり行い、子どもの歯並びを悪くする原因である「口呼吸」「舌の悪い癖」「飲み食いの悪い癖」「姿勢」などを改善し、あごを正常に発育・成長させることで正しいきれいな歯並びに導く取り組みを行っています。