歯科医院での代表的な治療が虫歯治療です。しかし、痛みをともなうイメージがあるために通院を先延ばしにしてしまう方がいらっしゃいます。すると虫歯はどんどん進行。歯やお口全体の健康はますますおびやかされてしまいます。虫歯は早期発見・早期治療が大切です。歯科・矯正歯科アールクリニックでは、できるだけ痛みを抑える治療を行っていますので、お早めにご来院ください。

虫歯は早期発見・早期治療が大切

痛みを感じたらお早めに

ごく初期段階の虫歯によりお口に違和感が表れることはほとんどありません。自覚症状がないので、お口のケアが不十分なままになりがちに……そしてどんどん進行してしまうのです。放っておくと歯を失ってしまう原因になる虫歯。痛みを感じたり、冷たい物がしみたりするようでしたら、もうすでに虫歯はかなり進行しているといえます。虫歯は進行にともないその治療方法が複雑になり、治療期間も長くなってしまいますので、お口の中に少しでも違和感がありましたらお早めにご来院ください。

虫歯の進行と治療

歯の表面にあるエナメル質が溶けはじめた状態です。表面が白く濁って見え、透明感が失われます。痛みなどの自覚症状はまだありません。適切な歯磨きやフッ素塗布により、再石灰化を促すことで改善が期待できます。

エナメル質がさらに溶け、歯の表面に黒ずみが現れた状態です。この段階でも、痛みなどの自覚症状はありません。虫歯になってしまった部分を削り、歯科用プラスチックなどで詰めて補います。

エナメル質の内側の象牙質にまで進行した状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛みを感じるようになります。虫歯に侵された部分の歯を削り、その穴に詰めものをします。痛みがあるため、治療には麻酔を使う場合もあります。

象牙質のさらに奥の歯の神経にまでおよんだ虫歯です。何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。虫歯に侵された歯の神経を取り除く「根管治療」を行い、その上に被せ物をして歯を補います。

虫歯が歯の根まで進行し、大部分の歯が溶かされた状態です。神経が死んでしまうと痛みはなくなりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛み出します。多くの場合、抜歯が必要です。抜歯したあとは入れ歯やブリッジ、インプラントなどの中から治療法を選択し、失った歯の機能を補います。