歯茎の曲がり角「歯周炎の症状」

肌はしっかりケアをしているという人も見落としがちなのが歯茎のケア。30代にさしかかると肌同様、歯茎も「曲がり角」を迎え、歯肉炎や歯周炎のリスクが高まります。

歯肉炎が進むと歯周炎、いわゆる歯槽膿漏になります。これは、歯を支えている骨や歯と骨の間にある歯根膜が炎症によって破壊される病気です。

歯周炎の主な原因は、プラークのなかにいる細菌です。細菌は、歯と歯茎の境目から奥に侵入し、炎症の原因となる毒素を出すのです。その毒素が歯を支えている骨を長年かかって溶かし、そこに噛み合わせる力が不適切に働くと、歯が動きはじめ、ついには大切な歯が抜けてしまうのです。非常に怖い病気なのですが、症状がゆったり進行するので、あまり自覚症状がありません。

歯周病の初期の症状は、下記などがあります。

  • なんとなく口のなかが不快で違和感を感じる
  • 歯がむずがゆい
  • 浮く感じがする
  • 食べ物が噛みづらい気がする
  • 歯茎の色が唇をめくった内側より赤みが濃い
  • 歯石が沈着している

かなり進行すると、下記などの症状が現れます。

  • リンゴをかじったり、歯を磨いたりすると歯茎から血が出る
  • 朝起きたとき、口のなかがネバネバする
  • だ液が濃くなった気がする
  • 口臭を指摘された
  • 歯が長くなった気がする
  • 歯に食べ物が詰まりやすく、食後にようじが必要になった
  • 歯が動く

歯周炎は進行程度によって、軽度・中等度・重度・末期に分けられます。判定基準は歯を支えている骨の溶け具合です。歯科医院ではエックス線やプローブという器具で検査をします。

ある調査によれば、30歳を過ぎて歯を失う方の約9割が、歯周炎が原因だといわれています。定期的に歯科医院でメンテナンスを受けられていない方は、年に一度は歯科検診を受け、歯や歯周組織のお手入れをし、ブラッシング指導を受けましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病治療に参加しましょう!

  2. 歯石は細菌の化石⁉

  3. 真面目に磨いているわりに報われない・・・・。

  4. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?

  5. 洗口液、どう使う?

  6. 歯周病が心筋梗塞や糖尿病の原因に