歯周病とはどんな病気か?

歯の周囲にある、歯を支える組織が「歯周組織」です。歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨からなります。これらの歯周組織に炎症が生じる病気が歯周病です。

感染症の一種であり、成人の約8割がかかっている「国民病」であり、30代以降に歯を失う最大の原因ともいわれています。

症状をみるためにX線を使う

 口の中には多くの細菌が棲みついています。約7割はからだに害を与えない善玉菌ですが、残りは歯周病や虫歯などの病気の原因となる細菌(悪玉菌)です。健康な口の中では悪玉菌は姿を隠していますが、歯磨きを怠ると、悪玉菌である虫歯菌が歯の周りにネバネバとした物質をつくり出します。ここには細菌が棲みつきやすく、やがて細菌のかたまりである歯垢(プラーク)の形成が始まります。さらに歯周病菌などが棲みつくと成熟したプラークに発展し、これを「バイオフィルム」と呼びます。
 歯と歯肉の境目には健康な状態でも0.5~2ミリ程度の溝(歯肉溝)があります。プラークを放置していると、細菌が歯茎の中に入り込もうとして、からだがそれを阻止しようとします。この反応により炎症が起こって歯茎が赤く腫れます。この状態を「歯肉炎」と呼びます。そうなると、歯肉溝が深くなりさらにプラークがたまりやすくなります。そうして、病的な溝である「ポケット」が形成されるのです。
 歯肉炎の段階で深くなったこのポケットを「歯肉ポケット」と呼びます。歯肉ポケットは、きっちりとプラークや歯石を落とすケアを実施すると元に戻ります。しかし、放置し、口腔ケアを怠ると、ポケットの中に酸素のない環境を好む「嫌気性菌」が増えます。嫌気性菌は、毒素や酵素を分泌して歯肉や歯槽骨を攻撃する性質を持っています。こうなると、ポケットがさらに深くなり、治療をしても完全には正常な姿に戻らない「歯周ポケット」(深さ3ミリ以上)となります。
 同時に歯周組織の炎症は悪化し、歯周組織をじわじわとむしばんでいきます。やがて歯の根っこを支える歯槽骨を溶かし始めます(歯周炎)。歯槽骨が歯の根の長さの半分くらいまで失われると歯がぐらぐらし始め、ものが噛みにくくなってきます。さらに放置しておくと歯槽骨が歯の先まで失われ、歯は土台を完全に失うため、最後には抜けてしまうわけです。

人によって進行度は異なる

 口の中を見るだけでは重症度はわかりにくいものです。X線で撮影して歯槽骨がどのくらい失われているかを調べるのはこのためです。歯周病が骨の病気であることを理解していただければと思います。
 一方、歯周病の進行度は人によって異なります。その人の持つ危険因子に拒否されるためで、たとえばヘビースモーカーや、糖尿病や重度のストレスがある人だと歯周病が早く進みます。遺伝的に歯周病が進みやすい人であっても、口の中の管理をきちんとしていると、進行がゆるやかになります。
 とくにたばこは歯周病のもっとも大きな危険因子といわれています。遺伝的な要因で、若い時期から進行が早い人もいます。歯科医院で、生活習慣の改善や危険因子を減らす指導を受けましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病と肥満

  2. 歯の噛み合わせと歯周病の関係

  3. 若い人でも歯周病にかかるの?

  4. 骨粗鬆症や早産にご注意を!

  5. 歯周病は「痛みなく進行する」というけど、それはなぜなの?

  6. 歯周病に効くという薬用歯磨きで歯周病予防はできる?