歯周病の予防も治療もプラークコントロール!

患者さんができることと歯科医院がすること

 歯周病の治療は、プラークコントロールに始まって、プラークコントロールに終わるといっても過言ではありません。プラークコントロールとは、細菌がつくるバイオフィルムを破壊し、成長させないようにすることです。
 歯科の知識に詳しい方は、歯周病の治療には歯茎を切る外科手術や組織を再生する外科治療もあると思われるでしょうが、それは誤解です。外科手術の主な目的は、器具の届かないところのプラークコントロールですし、特殊な目的をもった外科処置もプラークコントロールなしには成り立ちません。噛み合わせの調整もプラークコントロールなしには効果が上がりません。
 また広い意味では、お口の清掃から食事の仕方までをプラークコントロールと呼んでもいいでしょう。だらだら飲食をしない、野菜など食物繊維を含んだ食べ物をよく噛んで食べる、糖分を控える、という食事の仕方によって、バイオフィルムの成長はある程度抑制されるからです。

家庭でできるプラークコントロール

 家庭でできる日常のプラークコントロールはブラッシングです。洗口剤などの化学的なコントロールが必要なこともありますが、まずはブラッシングです。歯科医院では、患者さんごとのその人に合った歯ブラシの使い方を教えてくれます。口の中の病気の多くはバイオフィルム感染症ですから、病気の治療のためにも、予防のためにも、ブラッシングの手は抜けません。上手にやれば、こんな気持ちのよいものもそうありません。
 歯と歯の間はフロスを使うのが一番です。上手に使えるようになるには使い方のコツがあります。歯間ブラシは、歯周病のちょっと進んだ人にとっては気持ちよく、しばしば癖になりますが、使い方を誤って歯肉にひどいダメージを与えている例を見かけます。どちらも歯科衛生士さんから使い方を実地に習ってください。

歯周病に効く歯磨き剤は?

 歯ブラシと歯磨き剤は、テレビコマーシャルの常連ですが、いずれも宣伝されているものがよいものだとは限りません。歯ブラシの良し悪しを見分けるのは難しくありません。また歯周病の予防や治療に、薬用歯磨き剤を使う必要はないでしょう。薬用成分でその効果がちゃんと証明されているものは、今のところないからです。丁寧なブラッシングに匹敵するほどのものは何もありません。
 歯磨き剤の主成分は、研磨剤と界面活性剤と香料や保湿剤ですから、その効果は清涼感と歯を白くするだけです。
 ただし、歯磨き剤なしのブラッシングの後に、虫歯予防のためにフッ素入り歯磨き剤を使用することは効果的です。いったん歯周病にかかった歯では、ブラッシングによって歯茎が引き締まってきますが、歯肉が下がると歯根がちょっとだけむき出しになります。このむき出しになった歯根はとても虫歯にかかりやすいので、フッ素で予防しましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 治療後に歯茎が下がったような気がする?

  2. 自覚症状が出たときは重度の歯周病

  3. 歯石を取ってプラークを徹底除去!

  4. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?

  5. ほんとうの歯周ポケットとは?

  6. 歯周病は本当に誰もがかかる病気なの?