歯周病菌の死骸が脳梗塞や心筋梗塞を起こす⁈

脳の血管が詰まって起こる脳梗塞。心臓の血管が詰まって起こる心筋梗塞。どちらも命取りになりかねない恐ろしい病気です。歯科では、これらの病気と歯周病との関連が昔から研究されてきました。

先ずは歯周病とは関係なく、血管が詰まる仕組みを説明します。血管が詰まる主な要因である「動脈硬化」は、一般には血管の内壁にコレストロールが蓄積し、脂肪分が沈着することで起こります。

血管内壁に、お粥やヨーグルトのようなかたまり(粥腫、アテロームプラーク)ができるのです。このかたまりは、厚くなると血管を塞ぐだけでなく、破れることがあります。そうすると血流に乗って心臓や脳の血管に達して血栓となり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。

これと似たようなことが、進行した歯周病でも起こり得ると考えられています。先ず、炎症を起こした歯茎から入り込んだ多数の歯周病菌が、血流に乗ってからだを巡ります。

歯周病菌は、血管の内壁に入り込んで堆積します。すると、「細菌が集まっている、大変だ!」とマクロファージなどの白血球がやってきて、歯周病菌を食べます。

食べたあとは、死骸となってその場に残ります。

これが粥腫のようになって、動脈硬化を起こして血液の流れを阻害する、さらには破れて血流により運ばれて血栓となる、というのが現在考えられているパターンです。

実際、動脈硬化を起こした血管の粥腫から歯周病菌の遺伝子が検出され、因果関係が注目されているんですよ。

お口の病気である歯周病。全身の健康にも影響します。たかがお口の病気と軽く見てはいけません。歯周病は本当に怖い病気なんです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病を起こす細菌をどうやって退治するの?

  2. 歯の噛み合わせと歯周病の関係

  3. 定期管理で歯周病はコントロールできる

  4. 歯周病菌の除去がすべての基本!

  5. 女性特有の歯周病のリスク

  6. 歯周病がひどくなる人、ひどくならない人