定期管理で歯周病はコントロールできる

バイオフィルムを定期的に壊し取り除く

 プラークコントロールは家庭で自分自身でするものと、その人のリスクに応じて定期的に歯科医院でするもの、その2つがかみ合ってはじめて効果的なものになります。プラークコントロールの目的は、バイオフィルムを壊し取り除くことです。
 患者さん自身が家庭でするブラッシングの大切さは強調してしすぎることはないんですが、歯ブラシだけで歯周病が治ると考えるのは誤解です。プラークコントロールは、歯科医院で定期的に専門家の清掃を受けなければ確実ではありません。決まって同じところを磨き残しているということはよくあることですし、歯茎に隠れたバイオフィルムや歯ブラシの届かない場所から歯周病が進むからです。ある程度深い歯周ポケット(4ミリ以上)になると、患者さんのブラッシングだけでは歯を支える組織の破壊を生じるといわれています。
 定期管理を重視する歯科医院では、気持ちよくなることやきれいにすることにも関心を払っていますが、定期管理の主たる目的はバイオフィルムの確実な破壊と除去にあります。

定期的な通院でするのは「歯石の除去」?

 定期管理って歯石を除去してもらうことでしょ?まあそうです。小さな耳かきのような刃先の器具で歯根についた歯石を除去してもらいます。ただ、歯石そのものは歯周病の原因ではありません。歯石の多くは、細菌が石灰化したものですが、ミネラルの固まりそのものは害のあるものではなく、問題はそのざらざらの表面です。そこに細菌が定着してつくったバイオフィルムが歯周病の原因になるのです。
 若くして発症した破壊の速い歯周病の中には、歯石や目立ったプラークなしに破壊が進むものもあります。このような歯周病でも原因はやはりバイオフィルムです。歯肉に隠れた部分のバイオフィルムを除去し、破壊することで歯周病の進行は止まります。

高度な熟練が必要な目に見えない歯石の除去

 目に見えるところでは、歯石はエナメル質にくっついています。エナメル質はツルツルですから、器具を使うと歯石は簡単にパチッと剥がれます。歯石除去のことをスケーリングといいますが、スケールとは魚のうろこ。うろこを剥がす要領で歯石を取ります。しかし、歯肉に隠れたバイオフィルムの温床になるのは、歯根のセメント質についた歯石です。セメント質は骨とよく似た組織です。ガラスについた汚れをきれいにするのと、材木についた汚れをきれいにする作業の違いを想像してください。
 歯周病の定期的なコントロールでは、長い時間をかけて歯根を探り、ザラザラの歯石を見つけて、そこにこびりついたバイオフィルムごと除去する作業を繰り返します。この作業は、指先の感覚で歯石の1番深いところを探り当てて、刃先に力を集中するとても根気のいる作業です。歯茎を傷めず、根面を削らないようにすると不快感は小さいのですが、そのためには熟練を要します。
 バイオフィルムさえ破壊できれば、少々の細菌が残っていることは問題ではありません。研究によれば、歯根を研磨するだけでもバイオフィルムの出した毒素と歯石は、ほとんど除去されることがわかっています。超音波振動を使って根面をきれいにするだけでも効果があります。初期から中程度の歯周病の治療後の管理であれば、このような簡単な処置で効果が上がります。

薬はバイオフィルムには歯が立たない

 歯周病の治療に薬を使う試みは幾度も繰り返されましたが、ガリガリと歯石を除去するような機械的な操作と併用しなければ効果は得られません。バイオフィルムは細菌の集団が身を守る強固なバリアをつくっているので、薬で効果を上げることができません。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病がひどくなる人、ひどくならない人

  2. 歯周病治療に参加しましょう!

  3. 歯肉炎の症状

  4. 歯周病の歯は臭いガスを作る貯蔵庫

  5. 若い人でも歯周病にかかるの?

  6. 歯周病の体全体への悪影響とは?