ガリガリっという音?歯や歯茎を傷つけてたりしないですよね?

歯石を取ってもらうとき、毎回血が出たり、ガリガリっという音も気になる方がいらっしゃるかと思います。

歯石というのは、歯の表面についたプラーク(細菌の塊)が石灰化したものです。プラークを長い間放っておくと、歯石になって、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、歯周ポケット内の歯の根っこなどにガッチリくっついてしまいます。

プラークのうちなら歯ブラシで丁寧に擦れば落とせるのですが、歯石になってしまうと患者さんがご自分で取るのは不可能です。自分で歯石が取れる器具が市販されていますが、患者さんがご自分で歯石を取ろうとすると、それこそ本当に歯や歯茎を傷つけてしまいかねません。

さて、歯石ができると、そこはデコボコした状態になるので、歯周病菌にとっては格好の棲み処となります。歯周病菌が付着すると、周りの歯茎に炎症が起きます。

炎症が起きている歯周ポケット内は、かさぶたになる前の傷口のようにとてもデリケートで、ほんの少し触っただけで出血してしまいます。歯医者さんで歯石を取るときに血が出ることがあるのはこのせいですが、歯石を取って炎症が治まれば、自然と出血はしなくなります。

また、歯石を取るとき、ガリガリっと音がしても、しっかり歯石が取れている証拠だと思ってご安心ください。歯石が取れていくにつれて音も小さくなっていくはずです。

ちなみに、歯の表面はエナメル質といって、人間の身体のなかで一番硬い部分です。しかし、歯周ポケット内の歯の根っこの部分は、エナメル質ほどは硬くありません。

そう聞くと、やっぱり歯石取りで歯が傷つくんじゃないかと不安に感じるかもしれませんが、その心配もいりません。歯科衛生士は歯茎や歯の根っこを傷つけないように歯石を除去する教育を専門養成機関でしっかり受けています。

養成機関では、まず歯の模型に人工的に付着させた歯石を取る練習を。次に歯周ポケットの深さを測ったり、5mm以上あるポケットのなかに器具を入れ、歯石を取る練習を行います。上手になったら学生同士で相互実習をし、技術をより確かなものにします。そして最終学年では、歯科医院や病院での臨床実習。実際に患者さんを診させていただきながら、様々な症例を体験します。

しかし、安心して、歯石がついたら歯医者さんで取ってもらえばいいやと、セルフケアを怠ってしまうのは考えものです。まずは毎日、歯磨きを丁寧に行うことで、プラークと歯石をためないお口を目指しましょう。そして、セルフケアでは取りきれないプラークや歯石は、プロの歯科衛生士にお任せください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 噛み合わせが歯周病の原因になる?

  2. 大人が歯を失う最大の原因「歯周病」

  3. 女性特有の歯周病のリスク

  4. 遺伝と生活習慣が左右する歯周病のリスク

  5. 歳をとると誰でも歯周病になるの?

  6. 歯周病は本当に誰もがかかる病気なの?