歯茎の溝に棒を差し込む検査は、歯周病がどの程度進んでいるかを調べる重要な検査なんです。

歯周病は、歯にくっついている細菌のかたまり(歯垢またはプラークといいます)が引き起こす歯茎の慢性の病気です。

最初は歯茎の肉の部分、つまり「歯肉」の炎症(歯肉炎)のみが生じますが、これを何年も放っておくと、歯を支えている組織である、歯槽骨、歯根膜、セメント質が失われていきます。

これが「歯周炎」という状態で、こうなると、土台がなくなって歯がぐらつくようになり、ついには歯が抜けてしまうのです。

歯周病による歯茎の炎症は、お口の中を見ただけでは、完全にはわかりません。なぜなら、炎症は歯茎の内側から発生するからです。

そこで、あの細い棒「プローブ」の出番となります。

検査では歯茎の溝の中にプローブを挿入していきます。

このとき、出血がある場合は、溝の内部の歯茎が炎症していることを意味します。

手のひらを擦りむいたとき、その部分は皮膚が再生するまでは薄皮が張ってジュクジュクしていて、ちょっと触っただけで傷口が開きますよね。歯茎の炎症もそれと似たような感じで、ちょっとプローブが触れただけで血が出てしまうんです。

出血するような状態をそのままにしておくと、歯茎の溝が深くなり、「ポケット」ができます。これは歯周病の重症度を把握するひとつの指標で、ポケットが4mmを超えている場合は、病的な状態と考えられています。ちなみにプローブには目盛りがついており、ポケットの深さが測れる仕組みになっています。

一般的には、この検査結果に加えて、エックス線写真で歯を支えている骨の吸収の程度をみて、歯周炎の診断がなされます。こうした徴候がある場合、歯周炎は進行過程にあることが多いのです。

歯周炎は、1人の人のお口の中でも、歯によって進行度が違います。また、同じ1本の歯でも、歯の表側や裏側、歯と歯の間など、場所によって進行程度が異なるのが普通です。ですから、プローブの検査は1箇所だけでなく、全部の歯の周りにまんべんなく行う必要があります。

細い棒を歯茎の溝に差し込まれるので、プローブで歯茎が壊されていないか不安になる患者さんもいらっしゃるはずです。しかし、実際にはプローブはごくごく弱い力で差し込まれているので、その心配は不要です。

ほんの少し歯茎の表面が擦れて傷つくこともあるでしょうが、1週間もすれば元通りになります。プローブの検査で歯茎が壊されてしまったという報告は一切ありません。

この検査は、最初の診断のときだけでなく、歯周病が悪化していないかの確認や、治療の効果を評価するときなどに繰り返し行われています。

痛いから苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、その痛みは炎症のせいであることがほとんどです。個人差はあるものの、治療が進んで炎症が治まっていくと、プローブを差し込んでも出血がなくなり、痛みも減っていくことでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病と肥満

  2. 歯周病予防には殺菌剤と抗炎症剤が決め手!

  3. 歯は年をとると抜けていくもの?

  4. 骨粗鬆症や早産にご注意を!

  5. 炎症は敵と戦っている証拠?

  6. 歯肉炎の症状