歯の噛み合わせと歯周病の関係

歯周病は、一般的にいって歯茎の周りに炎症が起きて、歯茎だけでなく歯茎と歯の周りを支えている歯根膜線維や歯槽骨を侵していく病気です。原因のひとつにはプラーク(歯垢)があげられます。このプラークの大部分が細菌で、残りは歯肉上皮や赤血球などを含んでいます。

また、歯は物を食べたり、話をしたりするという重要な役割をもっていますが、それは上顎と下顎の歯が噛み合う作用で行われます。物を食べるときには、上下の顎の歯に大変大きな力が加わります。特に奥歯では瞬間に60キログラムもの力が加わるといわれています。

このような力を、顎はよく支えているものだと思いますが、歯と顎の間には歯根膜とよばれる靭帯様の膜があり、この歯根膜は力が直接顎に伝わらないように、緩衝作用、すなわちクッションのような役目を果たしています。

歯周病が高度に進行していくと、クッションの役目の歯根膜線維が崩壊して、歯が動き出してきます。いわゆる噛む力が少なくなり、硬い物が食べられなくなるという状態です。このような状態で、さらに噛み合わせのときの強い力が局所的に加わると、歯周病はますます悪くなっていきます。

また、他にも精神的なストレスが加わって、歯周病をますます悪化させる場合があります。

ブラキシズムといって、就寝後、上下顎の歯をガリガリ音を立てて噛む人がいます。いわゆる歯ぎしりです。他人が聞くとすごく気味の悪いものですが、本人の意識は全くありません。このブラキシズムが生じるときも、歯には多大な力が加わり、歯周病を悪化させる原因となります。

ナイトガードという上下顎の歯が噛み合わないようなスプリントを口のなかに入れて治療をしますが、咬合性外傷を器質的に治しても、精神的なストレスからも生じることがあるため、この場合は精神的に抑圧されたものを除去しないと治らないということになります。それにはどのようなストレスかを十分に知ることが大切であり、精神的な安定をはかることが必要です。

みなさんは、1日のストレスを上手く解消していますか?ストレスによる弊害が多く語られるようになりましたが、このストレスは一見無関係そうな歯周病にまで及びますので気をつけてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 全身の健康ときれいな口もとのために!

  2. 歯茎の溝に棒を差し込む検査は、歯周病がどの程度進んでいるかを調べる重要…

  3. 若い人でも歯周病にかかるの?

  4. 自覚症状が出たときは重度の歯周病

  5. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?

  6. 大人が歯を失う最大の原因「歯周病」