歯石は細菌の化石⁉

歯石とは、簡単に説明すると、細菌のかたまりでプラークと呼ばれるものが、唾液中のミネラルなどの影響によって、石のように固まって歯にこびりついたもので、いわば「細菌の化石」です。歯石そのものに大きな害はありませんが、表面がザラザラしているのでプラークが付着しやすくなります。この歯石を放置してしまうと、そこにプラークがたまっていき、周りの歯茎に炎症を起こして歯周病になったり、悪化する可能性が高くなります。

「歯石は取らないほうがいい」という話を耳にしたことがありますか?歯石には歯を固定する効果があり、取ってしまうと歯がぐらついてしまうというのが理由のようですが、これは間違いです。まず、歯を固定することそのものに、歯をもたせる効果はありません。それよりも、歯をきれいにして細菌をくっつきにくくすることが大切です。歯石がベッタリついていると歯磨きがしづらくなり、結果的に歯周病が悪化してしまいます。

歯石を取ると、歯と歯の間に隙間が空いたようになったり、歯がしみることがあります。歯と歯の間の隙間は、歯石がついた時点で既に空いていたと考えられます。つまり、歯周病の進行によって歯茎が下がり、歯と歯の間に隙間ができて、そこに歯石が入り込んでいたのです。歯石がなくなると歯間ブラシなどが入りやすくなるので、掃除がしやすくなります。

また、歯がしみるようになるのは、歯石が歯の表面の凹みなどのなかにも入り込んでいるので、取るときにどうしても歯の表面が一層削られてしまうからです。歯がしみる症状は、歯磨きをしっかり続けるうちにほとんどが治っていきます。

お口のなかには、磨いていても、どうしても歯石がつきやすい場所があります。それは唾液腺(唾液の出口)の近くにある歯で、例えば舌下腺は舌の裏側にあるため、下の前歯の裏側は歯石がつきやすいです。一方、上の奥歯の裏側も、耳下腺が近くにあるため、歯石ができやすいです。歯石はプラークが唾液中のミネラルとくっついて形成されるので、少量のプラークでも、唾液腺の近くにある歯には歯石がつきやすいのです。

これまでは、歯茎の上にできる歯石「歯肉縁上歯石」についてでしたが、じつは歯茎の溝のなか、歯の根元にも歯石はできます。これは「歯肉縁下歯石」といい、色は黒く、歯茎の上にできる歯石よりも硬いことが多いです。表面はザラザラしていて、歯周病を悪化させる細菌をたくさん含んだプラークが付着します。しかも歯茎の深いところに入り込んでいるので、いくら歯磨きを頑張っても残念ながら取れません。

歯茎の上にあるにしろ、下にあるにしろ、歯石は患者さんの手では取れないので、歯科医院で取ってもらう必要があります。取ってもらったあとは、歯石が再びつくられないようにしっかり歯磨きをしましょう。歯磨きの仕方も歯科医院でチェックしてもらうといいでしょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歳を取ると歯周病になりやすくなるのはなんでだろう?

  2. 大人が歯を失う最大の原因「歯周病」

  3. 歯周病がひどくなる人、ひどくならない人

  4. はじめてみませんか?PMTCを

  5. 真面目に磨いているわりに報われない・・・・。

  6. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?