また歯磨きの話?あらためて教えてくれなくても・・・・

歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」に分類されます。歯に付着したプラーク(細菌の塊)によって歯茎に「歯肉炎」が引き起こされ、患者さんごとのリスク因子(喫煙、糖尿病、歯ぎしり、ストレスなど)が長期的に影響して歯の周りの組織が破壊されると、「歯周炎」に分類されます。歯周炎の進行スピードは個人差が大きいことで知られています。

歯周病は一般的に歯肉炎から進行すると考えられていますので、プラークを除去して歯肉炎を起こさせないことが予防の基本です。口のなかの細菌群は、細菌同士が強固にくっついて歯にへばりついて生き延びる特殊なタイプのため、物理的(機械的)な口腔清掃がもっとも効果的です。

プラークの除去とは、「プラークコントロール」のことです。実際1980年代から、歯周病の予防と治療にはプラークコントロールが必須と認識されていました。ただ、厚労省の調査では、日本人の歯磨き回数は年とともに増えているものの、歯周病にかかっている人の割合は減少していないのです。これは言い換えれば、歯磨きの回数は増えても、プラークがうまく除去できていないということです。

歯磨きについてお話しすると、「きちんとできていますよ。」という方が多いです。しかし、実際にお口を見てみると、プラークが落とし切れていないことがほとんどです。染色液で歯を染め出してもらうことがありますよね。あれは、プラークの付着状況を見て、ご自分のプラークコントロールの弱点、要はうまく磨けていないところを確認してもらうためのものです。特に歯茎の溝の周りや、歯と歯のあいだのプラークを除去するのは難しく、歯間ブラシやフロスを使う必要があります。

歯はもともと、お茶碗みたいにツルツルしています。ですが、プラークが付着していると、舌で歯を舐めた際にヌルヌルとします。磨けているかどうかをご自分で確認するには、歯を舐めて、舌でチェックしてみてください。「この舌ざわり、気持ち悪いなあ」と感じていただけるようになれば、歯磨きのモチベーションも上がることでしょう。

歯科医院で定期的な検査を行い、繰り返し歯の磨き方を指導するのは、歯の土台を保守・点検しているとお考え下さい。もしそうした指導をせずに、歯科治療のみを行うとしたら、原因が取り除かれていないため、歯周病は悪化や再発を繰り返します。

プラークコントロールは歯科医療の根幹をなすものですので、歯磨き指導を熱心に繰り返すのは、本当にあなたのお口の健康を大事にしていることの現れなんです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病は本当に誰もがかかる病気なの?

  2. 歳をとると誰でも歯周病になるの?

  3. 歯石を取ってプラークを徹底除去!

  4. 歯周病菌の除去がすべての基本!

  5. 噛み合わせが歯周病の原因になる?

  6. 歯周病はどこからどのように始まるのか?