歯周病に効くという薬用歯磨きで歯周病予防はできる?

歯周病はプラーク(歯垢)が原因で起こる病気です。プラークは細菌の塊で、その構造から「バイオフィルム」とも呼ばれています。

バイオフィルムは単純な細菌の集まりではなく、歯に付着するタンパク質の膜の上に、歯の表面に付着しやすい細菌が層を作り、その細菌の層を足場にして、悪さをする細菌が住みつきます。そしてさらに、その外側には強固なタンパク質の膜が作られ、細菌たちを守ります。

何層にも積み重なり、そのなかで細菌たちはお互いに助け合って外敵(人間にとっては細菌のほうが外敵ですが)から身を守っています。一番外にある膜は強力で、相当強い薬品でないと壊すことができません。そして、たとえ膜のなかに薬品が入ることができても、細菌たちがガッチリ肩を組んだスクラムに対抗することはできません。

家庭の台所のシンクや排水パイプ、河原の石に見られるヌルヌルもバイオフィルムです。シンクのヌルヌルは、手が荒れてしまうほど強力な漂白剤をかけても取れません。たわしでゴシゴシこすってやらないときれいになりません。歯に付着したバイオフィルムも同じで、歯ブラシでこすらないと取り除けないのです。かといって、バイオフィルムを壊せるような強い薬品を使えば歯茎がボロボロになってしまいます。

まずは、歯ブラシでバイオフィルムを取り除くことが大切です。歯磨きは歯ブラシでプラークをきれいに取り除くことが目的で、薬用歯磨き剤はきれいになった歯の表面に再びプラークが付かないようにする補助的なものとお考えください。

また、歯磨きの他にもうひとつ大切なことは、プロの力を借りることです。歯周病はほとんど自覚症状がない病気で、自分自身で気づかないうちに進行してしまうことがあります。定期的に歯科医院でチェックを受け、発症や進行がないか診てもらうとともに、歯のクリーニングを受け、日常の歯磨きでは落とし切れていない強固なバイオフィルムや歯石(プラークが石灰化したもの)を除去いてもらいましょう。

歯周病の予防は、薬用歯磨き剤だけに頼るのではなく、歯ブラシでプラークを取り除くことを一番に考え、プロのアドバイスを受け、ご自身の状況に合わせた予防を実践されることが大切です。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病菌の除去がすべての基本!

  2. 骨粗鬆症や早産にご注意を!

  3. 全身の健康ときれいな口もとのために!

  4. ほんとうの歯周ポケットとは?

  5. 歯周病からみた生活習慣病

  6. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?