歯石を取ってプラークを徹底除去!

歯磨きで充分にプラークが取れるようになれば、あとは歯医者にお任せください。プラークに覆われて歯周病菌の棲み処になっている歯石を徹底的に除去します。

Question

歯磨き指導を受けて、気をつけて磨くようになってからは、ずいぶん歯茎が落ち着いてきました。この感じでいくと、自分の歯磨きだけで治していくことってできますか?

Answer

歯石がついている方の場合は、歯科医院での歯石除去は欠かせません。歯に硬くこびりついている歯石は、軽石のように穴ぼこだらけです。そこにプラークが入り込むので、プラークを棲み処にする歯周病菌のちょうどよい隠れ家になってるのです。歯ブラシでは取り除けないので、歯科医院で除去してもらいましょう!


歯磨き指導を受けて、歯と歯茎の境目に溜まるプラークを自分で充分に減らすことができるようになったら、歯周病の治療は次の段階に入ります。ようやく、歯科のプロフェッショナルの腕の見せどころです。スケーラーという道具を使って、歯についた歯石を徹底的に取り除きます。

歯石とは、プラークのなかにいる細菌の死骸やだ液の中のカルシウムが固まった軽石状の付着物で、歯の見えるところだけではなく、歯周ポケットの奥深くにもつきます。これ自体には毒性はないのですが、問題はこの歯石にベタベタ入り込むプラークです。歯石は歯に硬くこびりつき、歯磨きでは取り除けません。歯石ごと取り除かない限り、プラークは温存され、歯周病の炎症の原因を解消することができないのです。

患者さんの中には、きれいに歯磨きさえすれば、歯科医院に通わなくても自分で歯周病を治せると思っている方もおられます。しかし、この歯石を取らないままでは、歯周病の炎症を根本から止めることはできません。

深くなった歯周ポケットの奥についた歯石を取るには、専門的でハイレベルなテクニックが必要になります。何回か通っていただき、歯石除去を受けていただきます。


この治療でしっかりと歯石が除去できて、患者さんが毎日充分な歯磨きを続けてくださると、自然と炎症が止まり、ピンク色の歯茎が戻ってくるでしょう。

ただ、歯石がかなり奥まで入り込んでいる場合は、歯茎の外側からスケーラーを差し入れてお掃除をする方法では取り切れず、炎症が残ってしまうことがあります。可能な限り、外側からお掃除し、それでも炎症箇所が残る場合は、歯茎を切開して歯石を徹底除去します。

歯周病を長い間放っておくと、歯周ポケットの奥深くまで歯石がついて、治療が大掛かりになりやすく、歯石除去後に歯茎が痛んだりして、患者さんのご負担も増えてしまいますので、治療開始はぜひお早めにお願いします。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病予防には殺菌剤と抗炎症剤が決め手!

  2. 遺伝と生活習慣が左右する歯周病のリスク

  3. 歯茎の曲がり角「歯周炎の症状」

  4. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?

  5. 大人が歯を失う最大の原因「歯周病」

  6. 歳をとると誰でも歯周病になるの?