歯周病治療に参加しましょう!

朝晩しっかり歯磨きしているはずなのに歯周病になって驚いている方は、残念ですが、歯ブラシの毛先が肝心な場所にあたっていないのかもしれません。それは、歯周病はプラークが歯と歯茎の境目に溜まることによって発症するからです。

プラークは、歯にベタベタと付く細菌の塊です。この中に潜む歯周病菌が出す毒素が、歯の周りの組織に炎症を起こします。炎症で歯を支える骨が失われると、ついには歯がグラグラになってしまいます。

歯周病の特徴は、よほど症状がひどくならないと痛みが出ないことです。しかも通常、それほど急激には進行せず、5年単位、10年単位で悪化していきます。そのため、歯茎の腫れに気づかずに過ごしている方や、気づいていても治療の必要性を感じていない方は多いかと思います。

そして、歯周病は治療も独特で、患者さんご自身が強い気持ちを抱いて腰を上げてくださる必要があります。歯科医院と一緒に、自ら治療に取り組んでくださらないと、なかなか成果が上がらないという、やっかいな病気なんです。

というのも、プラークは毎日お口のなかに溜まります。歯科医院で徹底的にプラークを取り除いても、明日になればまた溜まります。このプラークを毎日取り除けるのは、患者さんご自身の歯磨きだけです。つまり、患者さんご自身の歯磨きこそ、治療であり、予防でもあるのです。

だからこそ、私たち歯科のプロには、歯周ポケットの奥までツルツルにクリーニングし、患者さんご自身が歯ブラシとフロスでプラークを除去しやすい環境をしっかりと整えてさしあげる使命があるというわけです。

歯周病の治療は、患者さんにも一緒に参加していただくことによって、良い結果を出すことができます。そして治療後の良い状態を長く維持することができます。

歯周病は、国内の成人の8割以上が罹患しているといわれる国民病です。痛みがないからといって放っておかず、自覚症状がないからこそ、手遅れにならないうちに歯科医院へ歯周病治療・予防に参加しましょう。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. タバコは歯周病を悪化!治療のジャマも!

  2. 女性特有の歯周病のリスク

  3. ガリガリっという音?歯や歯茎を傷つけてたりしないですよね?

  4. また歯磨きの話?あらためて教えてくれなくても・・・・

  5. 自覚症状が出たときは重度の歯周病

  6. 歯周病が心筋梗塞や糖尿病の原因に