大人が歯を失う最大の原因「歯周病」

歯周病は歯を支える組織や骨を破壊する

歯と歯肉の境目には、誰でも0.5~2mm程度の隙間があります。この隙間を歯周ポケットといいます。

歯周病は、この歯周ポケットにプラーク(歯垢)や歯石が溜まって深くなり、中で炎症が起きた状態です。

歯磨きを怠るなどして、歯の表面にプラークが付いたままにしておくと、プラークは唾液中のカルシウムなどと反応して石灰化し、硬い歯石になります。歯石は普通に歯磨きしただけではとれません。歯石をとらずに放っておくと、歯石の上にさらにプラークが付きやすくなり、歯石は溜まっていく一方です。

深さ3mm以上に達した歯周ポケットの奥にはさらに、歯肉からにじみ出た血の中の血清成分が石灰化した歯肉縁下歯石という悪玉歯石ができます。歯肉の中に潜り込んだ歯肉縁下プラークも付きやすくなります。

歯肉縁下歯石は、通常の目に見える部分に付く歯石とは違い、緑色や黒褐色をしていて、超悪玉菌の歯周病菌が住みつきやすいのです。

歯周病を悪化させる真犯人が、実はこれら歯肉縁下歯石と歯肉縁下プラーク。歯肉縁下歯石の中にいる超悪玉菌は酸素を嫌うため、歯周ポケットの奥へ奥へと進行し、歯を支える骨、歯槽骨を破壊してしまうからです。支えを失った歯はグラグラし始め、ついには抜け落ちてしまう運命にあります。

初期の歯肉炎のうちに治療を始めるのがコツ

歯周病は歯肉が赤くなって腫れる歯肉炎から始まります。プラークや、目に見える部分に、白っぽい歯石が溜まった状態です。歯肉炎は歯肉の炎症のみで骨は失われていません。

この段階では、歯周ポケットの深さは通常、2~3mm。歯磨きを徹底すれば治っていきます。歯ブラシを当てると出血して痛みますが、きちんと磨くうちに治まってきます。ところが、歯肉炎を放置すると、歯周病へと進行し、ちょっと硬いものを食べただけでも歯肉から出血するようになります。このあたりから、歯周病菌による歯槽骨の破壊も始まります。

さらに進むと、歯周病が慢性化して、歯周ポケットから膿が出る、いわゆる歯槽膿漏へと発展。歯槽膿漏は進行した重度歯周病のことです。歯はグラつき、硬いものが食べられなくなって、終始口が臭うようになります。さらに進んだ人の歯をレントゲンで撮ると、歯の根を支えられるだけの歯槽骨がなくなっています。こうなると、歯を残す治療自体が困難になってしまいます。

歯周病は自覚症状がほとんどないまま進行するのが、虫歯と違うところです。歯肉が赤くなって腫れる歯肉炎のうちに対処することが大切なのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯石を取ってプラークを徹底除去!

  2. 真面目に磨いているわりに報われない・・・・。

  3. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?

  4. 全身の健康ときれいな口もとのために!

  5. 遺伝と生活習慣が左右する歯周病のリスク

  6. 歯周病は本当に誰もがかかる病気なの?