歯周病はどんなふうにひどくなる?

歯周病の進行程度は、歯を支える組織の量によって判定します。セメント質に入り込んだ線維による歯と歯茎の付着が、どのくらい破壊されているかがものさしになります。ただ、いったん破壊された組織が自然に再生することはありませんから、このものさしは過去における病気の程度をあらわしているにすぎません。

では、歯周病の組織破壊はなぜ起こるのでしょうか。これは身体が外的と戦うたびに起こす炎症に秘密があります。炎症は身体が外的と戦っている証拠ですが、外的だけでなく、骨などの身体の組織までも破壊してしまうのです。敵と大騒ぎして戦っているうちに、自分自身までも破壊してしまうというわけです。

歯根の表面にバイオフィルム状の細菌が付着すると、身体は汚れた自分の歯根を外的として排除しようとします。このとき歯茎に起こる炎症が、自ら破壊してしまうのですが、その結果、歯周ポケットができます。

歯周ポケット内部は酸素から隔てられ、炎症を起こしていれば、わずかに出血もあるなど栄養が豊富なため、酸素の苦手な毒性の強い細菌にとっては、格好の住処になります。こうして特別に病原性の強い「歯周病原性細菌」が繁殖します。

こうなると、細菌による炎症とポケットの形成が繰り返され。歯周病はひどくなるばかりです。歯周病も虫歯と同じく、細菌による感染症なのです。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 自覚症状が出たときは重度の歯周病

  2. 歯周病と肥満

  3. 歯周病に効くという薬用歯磨きで歯周病予防はできる?

  4. 歯周病予防の歯磨き剤を買う前にしておくこと?

  5. 炎症は敵と戦っている証拠?

  6. 大人が歯を失う最大の原因「歯周病」