噛み合わせが歯周病の原因になる?

歯周病は、免疫力の低下やプラーク(歯垢)以外の原因から起こることもあります。それは、噛み合わせの不調(不正咬合)という物理的圧力によるものです。

噛む力によって歯にかかる重さは、前歯では15kg、犬歯は30kg、小臼歯は40~50kg、大臼歯は60~65kgといわれています。

歯というほんの小さな部位で、これだけの重量を受け止めることができるのは、歯根膜(しこんまく)という歯と歯槽骨(しそうこつ)の間にある組織に、その秘密があります。

歯根膜は、線維組織からなる歯のクッションのようなものです。

ここで噛む衝撃をいったん吸収して、歯や歯槽骨に与える影響をやわらげています。歯根膜のおかげで、私たちは食べ物を食べるとき、さまざまな噛みごたえや食感を楽しむことができるのです。

噛み合わせが正しければ、歯や歯根膜には均等にバランスよく負荷がかかります。ところが、歯の欠損や片側噛みなどで噛み合わせの不正が生じると、負荷のバランスが崩れてしまい、過剰に負担を強いられる歯が出てきます。

歯根膜に過度の圧力がかかると、次第に歯根膜が破壊されていきます。このことを咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)といいます。

歯根膜が破壊されると、歯肉全体が下がってきます。それとともに歯周ポケットが形成されて、歯はグラグラになってしまいます。そして、咬合性外傷を起こした歯は、歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

つまり、歯周病の発生パターンは、二通りあります。一つはプラークがたまることで、歯周病菌に感染し、炎症を起こして歯根膜が破壊されていくパータン。もう一つは、噛み合わせの不正による過度の圧迫によって歯根膜が破壊されていくパターンです。

いくらせっせと歯磨きに励んでも、噛み合わせが悪ければ元も子もありません。そこから歯周病を発症してしまうからです。

また、もともと噛み合わせには問題がなくても、歯周病で歯を支えている歯槽骨が失われることで、噛み合わせが悪くなり、咬合性外傷を起こすこともあります。

歯周病は、歯を支えている歯周組織全体が破壊される病気です。このため、歯周病が進むと歯周組織、特に歯槽骨が減少することで、もともと歯と歯根の境目にあった支点が歯根方向に下がっていきます。

つまり、根っこ部分が小さくて、歯が大きいという頭でっかちの不安定なバランスになるので、テコの原理でわずかな力でも歯全体が大きく揺さぶられてしまいます。

さらに、炎症があると歯肉が腫れあがるため、歯が少し浮く現象を起こします。このため、上下の歯で噛む瞬間にその浮き上がった歯が最初に当たり、全体が噛み合うときには、その歯は外側や前へ押し出されるかたちになります。

歯周病による咬合性外傷を起こした歯は、菌による炎症と外傷による炎症のダブルパンチを喰らいます。さらに、加速度的に歯周病が進行しやすくなる悪循環に陥ります。

いかがでしたか?負荷のバランスが崩れると、歯の土台がゆるんで歯周病となる。噛み合わせが歯の寿命を左右するんですね。歯周病はたんに歯を失うにとどまらず、全身の健康状態にかなり深刻なダメージを与える病気です。歯周病菌が血管に入り込んで増殖し、全身の細胞の老化を急速に進めるともいわれています。いつまでも若々しくありたい人にとっては天敵ですね。歯周病治療、歯周病予防はぜひお早めに。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 洗口液、どう使う?

  2. 歯周病からみた生活習慣病

  3. 歯石は細菌の化石⁉

  4. はじめてみませんか?PMTCを

  5. 春先になると歯茎が腫れる⁉

  6. 歯周病菌の除去がすべての基本!