歯周病の歯は臭いガスを作る貯蔵庫

みなさん、こんにちは。誰にも聞けない「カラダの悩み」のうち、自分ではなかなか気付けない「口臭」という悩みをよく耳にします。たしかに「わたしの口くさい?」なんて軽々しく聞いて確認できませんよね。口臭を感じた人も相手に「あなた口くさいですよ!」なんて軽々しく伝えることはもちろん失礼にあたります。「もしかしたら、周りの人から口の臭い人と思われているかも?」なんて気にしてしまう方は、口臭ケア用品を常時手放せないですよね。口臭ケア用品は状況に応じて使うもので、エチケットに適したものです。口臭予防で大事なことは何より口臭の原因を断つことです。口臭の原因はいくつか種類がありますが、今回は「軽い」「一時的」という程度ではなく、「不快感が強い」という程度に属する、歯周病の原因による口臭についてのお話です。

周囲の人を不快にさせる、あの強い口臭。口臭に特徴的にあらわれる臭い物質は「硫黄化合物」と呼ばれる種類の揮発性ガスです。なかでも代表格は、硫化水素、メチルメルカプタン、そしてジメチルサルファイドで、それぞれに独特の強い臭いがあります。

硫化水素は歯のプラーク(歯垢)や舌に白くつく舌苔があるほど検出されやすい臭い物質です。また、歯周病の方に目立って多いのがメチルメルカプタン。ジメチルサルファイドは体の病気や薬の影響で出やすい傾向があります。

これらのガスには特徴的で強烈な悪臭があります。たとえるなら、硫化水素は卵が腐ったような臭い、メチルメルカプタンは魚や玉ねぎが腐ったような臭い、ジメチルサルファイドは生ごみのような臭いです。どれもたいへんな悪臭で、病的な口臭はこれが混合したものなので、周囲のかたが不快に思われるのも無理はないのです。ちなみに硫化水素は、おならの微量成分のなかでも特に臭いに影響がある成分でもあり、また濃度が高ければ命に関わるほどの有毒ガスなのです。

それではなぜこんな悪臭がお口でつくられるのでしょうか?じつはこれらのガスをつくるのはお口の細菌で、なかでも歯周病菌はタンパク質を分解する酵素をもっており、その酵素でさかんにタンパク質を分解して、揮発性ガスを発生させるというわけです。腸内でタンパク質が分解されるときにガスが発生するおならと同じです。

歯周病が進むと、粘膜や老廃物が大好きな歯周病菌は、歯と歯茎のあいだの溝だけでなく、老廃物が積もる舌にも住みつき、舌苔から強い臭いを発するようになります。臭いのもとを断つには、まずは歯周病の治療から始めましょう。

いかがでしたか。嗅覚は記憶と強く結びついているといわれます。他の感覚と違って言葉で表現しにくいにおいは一度覚えると記憶に強く刻まれるようです。しかも「くさい」などネガティブな記憶ほど残りやすいのです。だから人は他人のにおいが気になってしまうのです。歯周病はあなたの歯を滅ぼすだけでなく、周りの人に対しても不快にさせてしまう怖い病気なんです。さあ、歯周病予防で気になる口臭を止めましょう!


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 真面目に磨いているわりに報われない・・・・。

  2. 全身の健康ときれいな口もとのために!

  3. タバコは歯周病を悪化!治療のジャマも!

  4. 早期の歯周病治療で、からだもお口も健康に!

  5. 歯茎の曲がり角「歯周炎の症状」

  6. 歯周病予防には殺菌剤と抗炎症剤が決め手!