タバコは歯周病を悪化!治療のジャマも!

こんにちは。愛煙家の方はタバコが健康に良くない話を耳にするたびにドキッとしませんか。タバコは、肺がんなどのいろいろながん、脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気の原因になります。また、お口のなかにも影響します。今回はタバコが歯周病を悪化させるという話です。なかなかやめることができないタバコをやめるきっかけの一つとして知っておいてください。

タバコを吸っていない人にくらべて、タバコを吸っている人はなぜ歯周病が悪化しやすいのでしょうか。タバコのなかには約200種類もの有害物質が含まれていますが、なかでも歯周病を悪化させる主犯格がニコチンです。ニコチンはタバコへの依存を作り上げ、中毒におとしいれる有害物質です。それだけでなく、歯周病や歯周病治療後の回復にも悪さをすることがわかっています。

その作用の一つが、免疫機能を低下させることです。ニコチンの有害成分が、免疫細胞の力を低下させ、外敵に対する体の防御機能を弱めてしまうのです。その結果、お口のなかの細菌に対する抵抗力が低下し、歯茎の隙間に入り込むのが好きな歯周病菌の攻撃に対しても、実力を発揮することができません。そのせいで、タバコを吸う人のほうが歯周病になりやすく、悪化しやすいのです。

タバコの影響があると、骨のカルシウム成分が失われがちで、骨がもろくなる傾向にあるともいわれています。歯を支える歯槽骨の破壊が一気に進みやすいのはそのせいもあるかもしれません。

もう一つニコチンの作用で問題なのが、腫れた歯茎の皮膚や線維、炎症のために失われた歯槽骨など、壊れた組織を修復する細胞の働きをジャマすることです。

歯科医院では、歯周病の病原菌を取り除くために、スケーリングやルートプレーニング、フラップ手術など歯石を除去するたいへん細かい治療を行います。歯茎のなかに隠れた歯石やプラークを手作業で徹底的に取り除くことで、細菌を減らし、病気の進行を止めるのです。

細菌をしっかり減らすことができれば、病気の進行が止まり、病状は回復に転じます。歯茎が健康なピンク色へとみるみる変わり、治療の効果を実感していただくことができます。

しかし、タバコを吸っているかたの場合、メキメキと治療効果が上がるというわけにはいきません。同じ治療をするにも、治療回数や期間、そして治療費まで余計にかかることもめずらしくなく、ヘビースモーカーほどその傾向が強くなります。

ニコチンには血管の収縮作用があるので、細菌による攻撃を受けていても歯茎の見た目はそれほど赤くなりません。腫れかたも控えめで、痛みも出にくいのです。しかし、スルリと入り込んだ細菌は、着々と歯槽骨の破壊を進めています。自覚症状が出にくいことがあだとなり病気の発見も遅れがちになります。気づいたときには歯がグラグラで抜ける寸前ということもあります。

1日に吸うタバコの本数が多いほど、そして喫煙歴が長いほど歯周病が重度になりやすく、歯周病の治療を受けても歯が抜ける事態におちいりやすいこともあるので、定期的に歯科医院で歯周病のチェックを受けるようにしましょう。

いかがでしたか。では、いきなりタバコをやめろって言われても愛煙家には愛煙家の言い分があると思います。タバコを吸っていたのに病気にかからない人がいれば、タバコを吸っていないのに病気にかかる人もいるでしょう。しかし、ただ一ついえることは健康によくないということです。なにかをきっかけにやめることができれば、それでよし。やめられないのであれば、タバコによる影響と向き合うことを忘れずに健康管理をしっかりしていくことを大事にしてください。


「きっかけ」は、あなたの未来を変えることができる好機です。アールクリニックを「きっかけ」に、健康な未来にしてください。皆様のご来院お待ちしております。

関連記事

  1. 歯周病はどんなふうにひどくなる?

  2. 歯周病は本当に誰もがかかる病気なの?

  3. 春先になると歯茎が腫れる⁉

  4. 女性特有の歯周病のリスク

  5. 歯は年をとると抜けていくもの?

  6. 歯周病菌の除去がすべての基本!